店の売上は販売員の能力で決まる!
ベーカリー販売員の通信講座「グリーンノート」
第23期6月1日開講 受講募集中
期間/H28年6月〜H28年11月
締切は平成28年5月15日
グリーンノートはベーカリーの販売員が自分自身で毎月の目標を決め、それを毎日チェックしながら日々の業務を進める行動編、日常の接客でよく出くわす場面での対応の仕方を質問して回答させる対応編、そして販売に必要な知識を回答する知識編の3部構成になっています。
これまで約900名の販売員の方々に受講していただき、受講いただいた会社のトップの方々から「受講した販売員の意識や行動が目に見えて変わってきた」と高い評価を頂いている教育講座です。

過去受講実績企業(順不同)=株式会社ぐしけん(沖縄)、株式会社ケルン(兵庫)、株式会社タマヤ(大阪)、有限会社マルイパン(徳島)、株式会社モンシェル(愛知)、株式会社イワゴー(高知)、クラウン製パン(福岡)、株式会社ぱんのいえ(大阪)、株式会社ふじや(島根)、有限会社パンの街かどや(滋賀)、西嶋パン株式会社(兵庫)、株式会社マツウラ(群馬)、有限会社亀井堂(鳥取)、株式会社イスズベーカリー(兵庫)、株式会社ヘンゼル(兵庫)、株式会社ベイクショップグループ(高知)、株式会社ダイヤ(大阪)、鳴門屋製パン株式会社(大阪)、ポワラーヌ昭盛堂(東京)、奥本製粉株式会社(大阪)、旭糧菓株式会社(島根)、林兼産業株式会社(山口)、マルセパン(岐阜)、コガネパン(岐阜)、株式会社丸正飯塚(東京)、株式会社神戸屋フローズン(千葉・大阪)、川島屋(千葉)、曽我製粉株式会社(千葉)、中京製パン株式会社(愛知)、共働舎(神奈川)、川崎製パン株式会社(大阪)、オキコ株式会社(沖縄)、ピーターパン(千葉)、岡野産業株式会社(兵庫)、木輪(福岡)、株式会社牧、株式会社進々堂(京都)、モンマーロ(山梨) 他
募集要項

グリーンノートによる教育の進め方

販売員の能力アップに「グリーンノート」
●はじめに 販売員は大切なお客様との接点であり、お客様にとっては、正社員はもとよりパート・アルバイトに至るまで、同じ「会社の代表者」です。そして、今日のような生活者主導の社会環境の中では、顧客満足を第一義に考える姿勢を総ての販売員に徹底することが、最も重要になっています。
 ベーカーズタイムス社では、一昨年「ベーカリー販売員の基礎の基礎」という本を出版いたしましたが、その本にまとめた内容を日常の販売活動の中で充分活用していただける通信講座方式の販売員教育講座(GREEN NOTE)を実施しています。
 ぜひ貴社でも、このGREEN NOTEを社員教育のひとつに組み込んでいただき、販売員の個人能力を高めるとともに、各社の特色を盛り込んだ店舗競争力を高めていってください。
●メリット
経営上のメリット 販売員のメリット
●お客様の声を収集できる。
●自社の販売員の思考・行動を把握できる。
●他店の販売ノウハウを吸収できる。
●販売員の評価材料になる。
●社員のモラルアップになる。
●顧客満足の得られる店舗競争力がつく。
●お客様の声が良く分かるようになり、素直に対応できるようになることで、お客様に好かれ、頼りにされる販売員になれる。
●自分自身の長所や欠点が良く見えてくる。
●日常業務の具体的な目標ができ、行動しやすくなる。
●競争意識の中で自然に自分が成長し、先輩からは可愛がられ、後輩からは頼りにされる販売員になれる。
●自分の意見や提案を業務に反映でき、気持ちよく働くことができる。
●企画内容 ■GREEN NOTEは行動編・対応編・知識編の三つの項目で構成されています。
 行動編/毎月自分で行動目標を設定し、その目標を達成できたかどうか毎日自己チェックさせるもので、10日毎に上司のチェックも設けられている。
 対応編/日常業務の中で販売員が遭遇する色々な対応についての設問を出し、それに対して文章で答えさせるもの。
 知識編/販売員に必要な商品やパン関連の知識を設問し、○×や言葉で答えさせるもの。
■さらに日常業務の中で感じたことを自由に書かせるフリートークの欄も設けてありますので、販売員の悩みや考え方、お客様の声を吸い上げることができます。
■販売員から送られてきたGREEN NOTEは、採点委員会で添削し、アドバイスなどを書き込んでフィードバックします。又、共通する基本的な対応を答えた対応編の模範解答と知識編の詳しい解説をいれた模範解答書も併せてお送りします。
■このGREEN NOTEは毎月1回・年6回行いますが、対応編は自分たちの業務の中から生まれた活きたマニュアルとなりますし、知識編の解説は専門知識の資料として後々活用することができます。
■年間の採点を集計し、7回総てを受講した販売員には修了証書を授与します。
グリーンノートによる教育の進め方
募集要項

ベーカーズタイム社概要へBACK