食品の機能性・美味しさ・安全性情報を一堂に!
食品開発展2017

BACK

 

 英国に本部を置くユナイテッドビジネスメディア社の一部門として活動するUBMメディアMは10月4〜6日の3日間、東京都江東区の東京ビッグサイト西1・3・4ホール&アトリウムで、Hiヘルスイングリディエンツジャパン、FiTフード・テイストジャパン、S-tecセーフティ&テクノロジージャパンから成る「食品開発展2017」を開催した。

 今回は、出展社数600社、出展小間数870小間での開催となり、総来場者数41001人の来場者を迎え、盛況裡に閉幕した。
 Hiは、食品市場が飽和する中、健康を訴求点とした高付加価値食品の開発が大きなテーマとなっている。 また、高齢化の進行で、機能性食品の開発は益々盛んになりつつある。同展は機能性素材、健康素材サプライヤーとユーザーの出会うアジア最大の専門展で、食品・飲料・菓子・サプリメントなどに利用される新素材や注目素材が国内外から集まり、食品素材、受託製造企業の効率の良いマーケティング、ビジネスチャンスが拡大する。さらに健康機能は、食品・健康食品メーカーだけでなく、化粧品・医薬品業界からも大きな関心が寄せられ、ヘルスケア産業の伸長をもたらしている。
 FiTは、消費者の健康志向も満たしつつ、新しい味・香り・テクスチャー・色など美味しさのための技術を提案する未来志向の展示会。美味しさを創り出す差別化素材・食材と技術、また美味しさを保持するための素材・技術を一堂に集め、国内外の食品・飲料メーカーの開発担当者、フードサービス、流通関係者に情報を発信した。
 S-tecは、品質・安全をテーマにしたアジア最大の食品技術者のための専門展。近年高まる食品の安全と高品質を確保するための分析・計測、安全・衛生、粉体・液体食品の製造技術、環境対策、包装技術が集まり、食品企業が抱える技術課題に応えた。食品企業の研究、品質管理、生産部門から多くの来場があり、技術説明やサービスのPRができる絶好の機会となった。
 食品開発展2017は、記念セミナーや出展社・特別プレゼンテーションなどが催され、約13500人が聴講した。
 業界関連では、MCフードスペシャリティーズM、オリエンタル酵母工業M、サンスウィート・インターナショナル日本支社、日油M、日清ファルマM、M林原、三井製糖M、横山香料M、理研ビタミンMなどが出展した。

新聞最新号へBACK

会場の様子