シャトレーゼ インドネシア初出店
Chateraise Senayan City店

BACK

 

 Mシャトレーゼとインドネシア元商業大臣のラフマット・ゴーベル氏が代表を務めるゴーベル・グループとの合弁会社シャトレーゼ・ゴーベル・インドネシアは11月24日、インドネシア・ジャカルタの大型ショッピングモールSenayan City(スナヤンシティ)内にインドネシア1号店となる「Chateraise Senayan City店」をオープンした。
 同店は、ダブルシュークリームやレジェンダリー生クリームショートケーキなど新鮮な厳選素材を使用したケーキや洋菓子約50種類の商品を取り扱う。日本の自社工場で製造する素材・製法にこだわった安全・安心な日本品質のスイーツを直送(輸出)し販売している。同社は2015年4月にアジア1号店となる「Chateraise JurongEast店」をシンガポールに出店、今回の「Chateraise Senayan City店」で海外50店舗目の出店となった。
【店舗概要】
▽住所=Ground Floor L-16, senayancity, Jl. Asia Afrika Lot 19, Jakarta 10270 Indonesia
▽営業時間=10〜22時
▽店舗面積=86.53F
▽取扱品目=ケーキ・洋菓子・和菓子・焼き菓子・ギフトなど
▽その他=イートインスペース併設
【問合先】
お客様相談室0120-005152(受付時間9〜17時)

新聞最新号へBACK

店内の様子