日清製粉グループのスポーツ協賛

BACK

 日清製粉グループ(M日清製粉グループ本社/見目信樹社長)は、次のスポーツ大会に協賛した。

【平成29年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会】
 公益財団法人日本バレーボール協会主催で、中学生以上なら参加することができるバレーボール大会。千チーム以上が日本一を目指して熱い戦いを繰り広げた。
《大会日程》
12月15〜17日(東京体育館)/12月23〜24日(大田区総合体育館)
 大田区総合体育館で試合中、男女各3名の全日本選手の等身大パネルとフォトスポットを設置して大会を盛り上げた。

【第31回全国都道府県対抗中学バレーボール大会】
 バレーボール教室「V・明日夢(みらい)プロジェクト」や「V・プレミアリーグ」等の各種バレーボール大会に協賛しバレーボール競技を応援している。また、将来のオリンピック選手の発掘や中学生・高校生のバレーボールのレベルアップを目的に行われる本大会への協賛を通じて、夢に向かって頑張る子どもたちを応援し、笑顔を育む手伝いをしている。
《大会日程》
12月25〜28日(大阪市中央体育館/エディオンアリーナ大阪)

【第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会】
《大会日程》
1月4〜8日(東京体育館)
 両大会で、男女各3名の全日本選手の等身大パネルと写真撮影が楽しめるフォトスポットを設置して大会を盛り上げた。同グループは、健康で豊かな生活づくりに貢献する企業として、スポーツに携わるすべての人たちの夢や挑戦を応援する活動を行っている。特設Webページでは、これまで同グループが協賛したスポーツイベント等の応援レポートも閲覧できる。

【第41回全日本少年サッカー大会】
 公益財団法人日本サッカー協会・公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団・読売新聞社主催で、全国から約6500チーム(約12万人)の12歳以下の少年・少女が参加するU-12世代最大規模のサッカー大会。また、同大会は、子どもたちをサポートする保護者や周囲の大人が観戦・応援することを通じて、サッカーを楽しむ文化を醸成していくことを目指している。同グループは、日本の将来を担う子どもたちがサッカーを通じて心身ともに成長することを目的に開催される本大会への協賛を通じて、夢に向かって全力で頑張る子どもたちを応援している。
《大会日程》 12月25〜29日(鹿児島市ふれあいスポーツランド・鴨池陸上競技場)

新聞最新号へBACK