神戸スウィーツ・コンソーシアム
チャレンジド・プログラムVol11を共催

BACK

 日清製粉グループの日清製粉M(山田貴夫社長)は、社会福祉法人プロップ・ステーション(竹中ナミ理事長)が中心となって2008年に発足した、パティシエを目指すチャレンジドを支援するプロジェクト「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)」を今年度も共催する。
 KSCは「洋菓子発祥の街と言われる神戸からチャレンジドの菓子職人を育てよう」と企画された日本で初めての試み。日清製粉はチャレンジドの就労の促進や雇用の創出を目指す社会福祉法人プロップ・ステーションの活動に共感し、第1回よりこの活動を共催している。同プロジェクトでは、有名パティシエから菓子づくりの技術だけではなく、経営ノウハウも学ぶことでチャレンジドの自立を支援する。

《講習会概要》
▽6月21日13時〜=神戸講習会[日清製粉M東灘工場加工技術センター(神戸市東灘区魚崎浜町14)]
▽7月25日13時〜=東京会場[同加工技術センター(東京都中央区日本橋小網町19-12)]
▽8月24日13時〜=札幌会場[学校法人三幸学園札幌スイーツ&カフェ専門学校(札幌市中央区南1条西8丁目11-2)]
▽9月13日13時〜=熊本会場[M丸菱新技術センター(熊本県上益城郡益城町宮園788)]
▽11月(予定)=修了式[日清製粉M神田錦町ビル(東京都千代田区神田錦町1-25)(予定)]
 講師は、八木淳司マイスターをメイン講師として、西原氏、永井氏(東京)、長根山氏(札幌)、北川氏(熊本)を迎えて開催。

【問合先】
事務局:社会福祉法人プロップ・ステーション内KSC事務局
電話090-7909-1847
Web http://www.kobesweets.org/

新聞最新号へBACK