パルミジャーノ・レッジャーノチーズ工房一般公開

BACK

 パルミジャーノ・レッジャーノチーズ協会は9月29・30 日の2日間、50カ所以上のパルミジャーノ・レッジャーノチーズ工房を一般公開した。

 参加者は予約なしで自由に工房を訪れ、9世紀以上変わらない伝統的製法で作れられるパルミジャーノ・レッジャーノが生まれる瞬間を目にし、圧巻の熟成庫を見学。チーズ工房の見学は、パルミジャーノ・レッジャーノが単に美味しいだけでなく、体にも良いものだということを知る良い機会。12世紀、ベネディクト派やシトー派の修道僧たちが作り始めたと言われている伝統的な製造方法を現代も引き継ぎ、一切添加物を使用せず、生乳、塩、天然の凝乳酵素のみで作られている。その結果出来上がるパルミジャーノ・レッジャーノは、栄養的にも優れており、良質なタンパク質、カルシウム、ビタミンA・B群などをバランスよく含み消化吸収が良いことから、イタリアでは医師や栄養士が子供から年配者まであらゆる年代やアスリートに薦めている。また製造の48時間以内にミルクの中の炭水化物である乳糖が乳酸菌によって消費されることから、乳糖不耐症や糖質制限ダイエットをしている人も食べることができる。

新聞最新号へBACK