ホエイたんぱく女性と高齢者への効果確認

BACK

 ホエイたんぱく(※1)の健康効果が性別、世代を超えて有効であることを示す新しい研究結果が発表された。今回の研究は、特に女性や高齢者へのホエイたんぱくの効果を検証していることが特徴。
 徳島大学による日本の女性高齢者を対象とした研究では、筋力トレーニングにホエイたんぱく摂取を組み合わせると筋肉増強効果が向上することが確認された。また、女性を対象とした研究のメタ解析では、ホエイたんぱくが女性の体組成改善にも効果があることが報告されている。さらに、ホエイたんぱくに多く含まれるロイシン(※2)の効果に関する研究の評価が行われ、ロイシンの摂取が加齢による筋量減少(サルコペニア)を防ぐことが示唆された。
 ホエイたんぱくが、体組成改善や筋力トレーニングの骨格筋増強、持久力トレーニングの際の筋肉回復に有効であることは既に良く知られていた。しかし、これらの効果は若者やアスリートに限定されると考えられがちだった。アメリカ乳製品輸出協会グローバルマーケティングコミュニケーション部バイスプレジデントのカラ・マクドナルド氏は「たんぱく質の特性はたんぱく源ごとに異なる。全てのたんぱく源に同じ効果を期待できる訳ではない」と述べている。たんぱく質の種類を選ぶ時には、たんぱく源により期待される効果が異なることを考慮することが大切と言えるだろう。
 ホエイたんぱくは、効率よくロイシンを摂ることができ、体組成改善や骨格筋増強に効果があるというだけでなく、汎用性が非常に高いのも特徴。食事やおやつなど日常生活のあらゆる場面に適した食品に入れることができ、一日を通してまんべんなくたんぱく質を摂ることを容易にする。日本でもスープや麺類、ホットケーキミックスなどホエイたんぱく入りの製品が増えており、今後も消費者のニーズにあった新製品の発売が続くものと期待されている。カラ・マクドナルド氏は「アメリカの生乳及びホエイたんぱくの生産量は世界最大で、持続性のある酪農経営に基づき生産量は増加し続けている。豊富な生産量は、アメリカ産ホエイたんぱくの高い品質の恒常的な維持を支えている」と述べている。
※1牛乳が原料の天然の食品で、近年のたんぱく質強化製品に最も多く使われているたんぱく原料。
※2必須アミノ酸である分岐鎖アミノ酸の一つで、筋肉合成を促す引き金となる役目をもっている。

新聞最新号へBACK