製パン講習会 日仏商事
テーマ「トラディション」
講師は同社研究開発課スタッフ

BACK

 

 

和田氏

 日仏商事M(筒井潤社長)は9月11日、神戸市中央区の同社本社で、製パン業に3年以上勤務している人を対象に製パン講習会4回シリーズの第2回を開催した。

 講師は、研究開発課の和田佳丈氏・山田幸治氏・藤岡拓也氏。フランスパンディレクト法、同冷蔵法、パン・ド・カンパーニュ冷蔵法を実演。パート・フェルメンテ、ルヴァン、ルヴァンリキッドを使用し、冷蔵法の考え方や活用方法を紹介した。また、ルヴァンについて状態(生地・リキッド)の調整や管理方法も実習と講義を行った。

新聞最新号へBACK

フランスパンディレクト法

バゲット生地冷蔵法

パン・ド・カンパーニュ冷蔵法