クリスマス菓子を中心にした
第9回ベーカリーのためのドイツ菓子実技セミナー

BACK

 日本パン技術研究所は、日本のベーカリービジネスの活性化にドイツ菓子の導入が有効であると考え、2012年からドイツ菓子セミナーを開催し、約60種類のドイツ菓子をデモンストレーション方式で紹介してきた。どのセミナーも好評で、ドイツ菓子の多様性や日本人の嗜好にもマッチする美味しさなどがベーカリーアイテムとして有効に機能することを多くの人が学んだ。但し、ドイツ菓子をベーカリーで上手く導入するためには、実技方式のセミナーが望まれるという声が多かったため、今回は、厳選した7種類のドイツ菓子を少人数で実際に製造する実習方式で開催する。

【開催概要】
▽日時=11月6日9時30分〜17時30分
▽場所=日本パン技術研究所6階実習室
▽受講料=会員企業:税込19,440円昼食付き、非会員:同21,600円同
▽講師=根岸靖乃氏(2002年製菓職人資格取得、2007年製菓マイスター資格取得、2008年製パンマイスター資格取得)
▽定員=20名※FAXで送付(郵送可能だが事前に電話予約要)。受付後、受理通知を1週間以内にメールまたはFAXで連絡
【講習内容(予定)】
《クリスマス菓子》
▽クリストシュトレン=ドライフルーツやナッツを豊富に入れた伝統的なクリスマス発酵菓子
▽モーンシュトレン=モーン(ケシの実)フィリングを使用したシュトレン
▽マンデルシュトレン=マジパンフィリングを使用したシュトレン
▽ゲビュルツクーヘン=ナッツ、フルーツ使用のスパイスの利いたケーキ
《天板焼きのケーキ》
▽モーンクーヘン=モーンを使用した天板ケーキ
《通年の菓子》
▽ツヴィーベルクーヘン=炒めた玉ねぎとサワークリームのフィリングを発酵生地に載せて焼く甘くないケーキ
▽シュプリッツゲペック=絞りケーキ

【問合先】
電話03-3689-7571
FAX03-3689-7574

新聞最新号へBACK