FABEX関西2018

BACK

 

 

インテックス大阪

繁盛店アイテムゾーン

惣菜・べんとうグランプリ

 日本食糧新聞社は10月23〜25日の3日間、大阪市住之江区のインテックス大阪1・2号館で、惣菜デリカ・弁当・中食・外食・給食・配食など業務用食品の総合見本市「FABEX関西2018」を開催。38915人の来場者を迎え盛況裡に閉幕した。

 同展は「業務用の食材・資材を供給するメーカー、並びに容器包装・衛生・厨房・販促物などを扱う業者が一堂に集まり、需用者である惣菜業者・外食業者・デパート・スーパー・CVS・ホテル関係者などに向けて、新しい技術とメニューなどを提案する。業界全体の拡大発展や省エネ・効率性、健全発展のための考えを広く中食・外食業界に紹介すること」を目的に、惣菜デリカ・弁当・中食・外食・給食・配食専門展「第6回ファベックス関西2018」、全日本洋菓子工業会共催の「第6回関西デザート・スイーツ&ベーカリー展」、「第1回カフェ&ドリンクショー関西2018」「第2回地域食品ブランドフェア」「第2回フードテック関西2018」の5展と、「FASE関西2018(主催:日刊工業新聞社)」「オーガニックフードEXPO2018in関西(主催:オーガニックフォーラムジャパン)」が同時開催された。
 開会式には、主催者や来賓、関西・西日本の中食、外食、給食業界のリーダーらが参集しテープカットを行った。
 出展規模350社・550小間の会場内では、日本第2のマーケット『関西エリア』をターゲットとする国内最大級の総合見本市として「食材・機器・容器」の3分野が一体となり、食品業界関係者にビジネスチャンスを創出。西日本マーケットに効果的な販路拡大の商談の場を提供した。
 ファベックス関西は、注目の米の新銘柄を紹介する特別ブース「産地イチオシ銘柄・人気の健康米お米の注目ブランド食べくらべ」、日本全国の優れた惣菜・べんとう商品と介護食品を一堂に展示した「惣菜・べんとうグランプリ/介護食品・スマイルケア食コンクール受賞商品展示コーナー」など多彩な企画を展開。また、主に外食・飲食業界に向けた、食材・機材・システム・情報等を展示する「大阪外食産業協会ゾーン」を設け、特別セミナーも行われた。
 関西デザート・スイーツ&ベーカリー展は、関西唯一の和洋菓子・ベーカリー開発専門展。リテイルベーカリーの頂点を目指す「モンディアル・デュ・パン日本代表選考会」を開催、世界大会出場選手を選出した。  カフェ&ドリンクショー関西は、ドリンク市場にビジネスチャンスを提案する「カフェ業界専門展示会」を単独初開催。日本全国の様々なバリスタ・ロースター・自家焙煎所のコーヒーの試飲ができる「関西コーヒーストリート」ではカフェ関連商品が全国から一堂に集まった。
 地域食品ブランドフェアは、小売・ギフト向けから業務用にいたるまで、日本各地の地域食品を展示。フードテック関西では、食品製造工程の様々な課題を解決する最新の機械・システムを展示した。
 ファベックス関西主催者特別セミナーでは、築野食品工業M経営企画室築野靖子氏による「米油の製菓製パン用途としての有用性衛生管理に有効な取り組み」などを行ったほか、関西デザート・スイーツ&ベーカリー展プレゼンテーションステージでは、パン工房フルニエオーナーシェフで韓国東州大学名誉教授の坂田隆敏氏と栄養士/食育アドバイザー/食育イベント企画「はなみずきYuu」代表の中塚由子氏による「モンディアル・デュ・パン世界大会から見る栄養面や健康面で評価されるパンとは」なども行われた。
 以下は、業界関連の出展社(順不同)。カネカ、カワ、コトブキベーキングマシン、スリーエムジャパン、ツジ・キカイ、ホシザキ、よし与工房、ラショナル、レオン自動機、伊那食品工業、河原治税理士事務所、関東混合機工業、丸菱、共立プラント工業、三幸機械、小田象製粉、松谷化学工業、大阪ポリエチレン、日仏商事、友栄食品興業など。

新聞最新号へBACK

惣菜・べんとうグランプリ調理パン部門

主催者特別セミナーの様子