生産状況を「見える化」するサービス提供開始

BACK

 

 NECソリューションイノベータは、画像とAI(人工知能)技術を活用して生産状況を可視化する「NECAI・画像活用見える化サービス/生産管理・検査支援」の提供を開始した。
 同サービスは、食品製造業向けに、ネットワークカメラとAI技術を用いた画像分析により、生産ライン上を流れる生産品の個数をカウントすることや良品/不良品(2級品)等を自動で判定することで、生産進捗状況や不良品の発生状況等の「見える化」を行うもの。これにより、これまで技術者が目視で行っていた生産進捗状況の把握や不良品の検出を自動化することで、生産品質の向上や生産工程の省力化を支援する。また、AI技術で分析したデータをクラウド共有することで、現場以外の場所からでも生産進捗状況や不良品の発生状況をリアルタイムに把握できるため、生産現場の業務効率の改善に寄与する。サービス導入費:40万円(税別)〜/利用料:19万8千円(同)〜/月、ハードウェア(ネットワークカメラ・PC等)および画像解析を行う生産品の学習用データ(良品の画像等)は別途必要。サービス提供開始後3年間で24社への導入を目指している。

新聞最新号へBACK

クッキーの画像解析例