第49回FHJ-日清製粉グループ全国高校生料理コンクール
最優秀賞は「ごへいピザ」

BACK

 

 

最優秀賞

優秀賞

優秀賞

 日清製粉グループ(M日清製粉グループ本社/見目信樹社長)が協賛する全国高等学校家庭クラブ連盟主催の「第49回FHJ-日清製粉グループ全国高校生料理コンクール」の受賞者が決定。11月17日に上位受賞者5名を迎え、群馬県館林市の日清製粉グループ製粉ミュージアムで表彰式を執り行った。

 同コンクールは、「『みんなの笑顔がひろがる私の自慢料理』〜小麦粉と身近な食材を使って作る私のアイデアレシピ〜」をテーマに、小麦粉や使い方をアレンジした小麦粉製品(ミックス粉・パスタ・うどんなども可)と地域の食材や旬の味覚を組み合わせた「私だけのレシピ」を全国の高校生から募集。作品の条件は、手軽に作ることができアイデアあふれるもの(未発表に限る)、調理時間が1時間以内(発酵やねかせる時間、ケーキ等の焼き時間は除く)、材料費は1人分500円以内。応募は、266校より7149作品が寄せられ、書類審査と試食審査によって最優秀賞・優秀賞など13作品が選出された。
 審査員は、市毛祐子氏(文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官)、小西史子氏(女子栄養大学教授)、越川藤乃氏(一般財団法人ベターホーム協会 渋谷教室講師)、湯澤十史子氏(東京都立三田高等学校教諭)、町田英樹氏(M日清製粉グループ本社総務本部広報部長)。
 審査結果は次の通り(敬称略)。

▽最優秀賞=秋山絢香(岐阜/恵那2年)「ごへいピザ」
▽優秀賞=山田有己(青森/八戸中央3年)「小麦粉で作るゴマ香るサバの水煮缶ガレット」、清水みどり(栃木/宇都宮中央女子3年)「涼やかデザートあんみつケーキ枝豆あん入り」
▽FHJ賞=阿部友香(愛知/豊橋南3年)「もっちりれんこんと大葉の豚まん」
▽日清製粉グループ賞=日比野健吾(三重/相可3年)「あおさ生麩〜季節の野菜の炊き合わせ〜」
▽アイデア賞=5点
▽佳作=3点
◇ごへいピザ:テレビドラマでも話題になった郷土料理「五平餅」の味付けを活かしたピザ。あまじょっぱい「ごへいだれ」の味と、最後にトッピングするポテトチップスのさくさくとした食感が楽しめる。 ◇小麦粉で作る涼やかデザートゴマ香るサバの水煮缶ガレット:ゴマの風味がアクセントの小麦粉で作られたガレット。
◇涼やかデザートあんみつケーキ枝豆あん入り:枝豆のあんこが入ったふわふわのケーキを器にしたあんみつ。
◇もっちりれんこんと大葉の豚まん:皮にれんこんを練りこみ、愛知特産の大葉を中の具に使用した豚まん。
◇あおさ生麩〜季節の野菜の炊き合わせ〜:手作りした生麩と魚介、三重県産あおさを使用した炊き合わせ。

新聞最新号へBACK

FHJ賞

日清製粉グループ賞