アメリカ産チーズアイディアメニューコンテスト2018
各部門の大賞・金賞が決定

BACK

 

 

後列左より、吉井康博氏(金賞)、波多野大樹氏(大賞)、本間啓義氏(大賞)丸田信宏氏(大賞)、片見泰弘氏(金賞)、奥村浩治氏(金賞)/前列左より、大西元年氏、村山重信氏、ジェフリー・マクニール、服部津貴子氏、落合務氏

 アメリカ乳製品輸出協会(ジェフリー・マクニール駐日代表)は、企業に所属しメニュー開発・商品開発に従事している人、飲食店・宿泊施設に従事するプロの料理人を対象にアメリカ産チーズを使った「アイディアメニューコンテスト」を開催した。11月23日には、東京都渋谷区の服部栄養専門学校で最終審査と表彰式を執り行った。

 同コンテストは、プロの料理人がアメリカ産チーズを使った新しいメニューを考案し、ピザ部門、ハンバーガー・サンドイッチ部門、料理部門の3部門で競うもの。3部門合計106作品の中から一次審査を通過したファイナリスト15名(各部門各5名)が最終審査に臨み、大賞と金賞6作品が選出された。なお、受賞作品は商品化される予定。

新聞最新号へBACK

ピザ部門大賞作品

ハンバーガー・サンドイッチ部門大賞作品

料理部門大賞作品