ダイバーシティ経営宣言

BACK

 

 昭和産業グループは、創立90周年にあたる2015年度に向けた長期ビジョン「SHOWA Next Stage for 2025」を2017年度よりスタートさせている。事業環境の変化に対応し、ありたい姿を実現するためにはすべての従業員の活躍が必要不可欠。多様性に富んだ従業員一人ひとりが、制約にとらわれず活躍できる企業文化を醸成するため、昭和産業グループ「ダイバーシティ経営宣言」を発表した。
《概要》
「昭和産業グループCSR行動規範」に定める『人権尊重』を土台として、将来にわたり持続的に成長し続けていく企業として、ダイバーシティ経営を推進する。
 次の3つの基本的な考え方「昭和産業グループINCポリシー」を踏まえ、従業員一人ひとりが自らの強みを最大限発揮できる職場づくりに取り組む。

新聞最新号へBACK