木もれび第62話
M木輪 芳野栄氏
誇りと喜びと使命感

BACK

 私は木輪の社員が、自分の仕事に大いなる誇りと喜びと使命感を持っていきいきと働く姿をいつも頭に描いています。
 社員が誇りと喜びと使命感の持てる職場環境を整えてあげることが、経営者である私の大きな務めの一つであると思っています。
 以前、大阪のあるホテルに宿泊したことがありました。そのホテルの社員は、皆明るい笑顔でお客様と接していて、その立ち居振舞に仕事に対する誇りと喜びと使命感がみなぎっていました。その光景を見て、どういう時に社員は自分の仕事に誇りと喜びと使命感を感じることができるのだろうと考えてみました。
 私のたどり着いた結論は、「仕事に対して誠実に真剣に向き合っている時や自分のやっている仕事が会社に認められ、またその会社も社会に認められていると自覚できる時」ではないかということです。
 それでは、自分のやっている仕事が会社の中で認められるには、どうしなければならないのか。私は、社員は会社の経営理念や行動指針等をよく理解した上で、それに沿って行動し、会社の目標や自分の目標を達成することが必要と考えます。
 一方、会社が社会から認められるためには、企業としての使命感や存在意義を明確し、それに沿って全社員が行動し、社会的責任を果し、世の中のお役立ちを成し得ることが必要だと考えます。
 このように、会社から自分のやっている仕事が認められ、会社の中での存在感を感じ、又、会社も世の中から必要とされていることを自覚できたとき、その充実感や達成感が社員の誇りや喜びや使命感へと変化していくのでしょう。
 経営者である私にとって大切なのは、会社の経営理念や使命感、存在意義、社員一人一人の目標を明確にし、目標達成を心から褒めてあげたり、喜んであげたり、その労を労ってあげることだと思います。また、会社の経営理念や使命感、価値観等を社員と共に高いレベルで共有し、実行できる雰囲気をつくり出すことも大切だと思っています。

新聞最新号へBACK