リボン食品の創業111年記念CM
「パイほど喜びに溢れた料理はない」

BACK

 業務用に冷凍パイ生地などを提供しているリボン食品Mは昨年12月13日より、コーポレートCMを毎日放送で放送している。
 同CMは、創業111年を迎えた同社の記念事業の一環で、社内オーディションで集った社員やその家族が出演した温もり溢れる世界観となっている。
《パイにかける想い》
 同社は創業以来100年以上、製菓・製パンの原料メーカーとして、目立つことはないがなくてはならないものを提供する黒子の役割を担ってきた。主力商品であるパイ生地の食材を引き立てる万能の素材であるにも関わらず、決して主役ではなく「黒子」の役割を最大限に引き出すという特徴を同社の役割と重ね合わせて考えている。
《リボン食品とは》
 食のパイオニアとして、レストランのシェフや製菓のプロフェッショナルなど、多種多様な業者向けに数々のオーダーメイドの商品を提供している。1907年に日本で初めてマーガリンの製造販売をスタートして以来、マーガリンに乳脂肪を混ぜ合わせたコンパウンドマーガリンや冷凍パイ生地など「日本初」の商品の開発に注力し、製造・販売している。 近年は、低糖品の通販事業やニューヨーク発のブラウニー専門店Fat Witch Bakeryの日本での運営にも力を入れて取り組んでいる。創業111年を迎えた昨年は4月に筏由加子氏が代表取締役に就任、新本社屋竣工、焼成タルト工場増設やマーガリン設備の更新など様々なプロジェクトが行われ、111年の伝統を守りながらも新しいことに挑戦し続けている。

【問合先】
リボン食品M経営企画室、大阪市淀川区三津屋南3-15-28、担当/大西
TEL06-6301-6855
URL:http://www.ribbonf.co.jp/

新聞最新号へBACK