製パン通信講座修了式/2018パングランプリ大阪表彰式
全大阪パン協同組合/大阪学校給食パン・米飯協同組合

BACK

 

 

多田委員長

製パン通信講座成績優秀者
 

村上馨氏

林詩央里氏

 全大阪パン協同組合(辻中薫理事長)と大阪学校給食パン・米飯協同組合(吉田日士光理事長)は1月18日、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪で新年互礼会を合同で開催。製パン通信教育講座(多田龍弘委員長)初級36次・中級35次修了式と2018パングランプリ大阪表彰式を執り行った。

製パン通信講座修了式
 通信教育委員会多田委員長が成績を次のように発表した。
 最優秀賞(2200点)は、初級6名、中級なし。優秀賞(2190点)は、初級8名、中級2名。努力賞(2180点)は、初級6名、中級1名。
 初級・中級修了生を代表してMドンクの村上馨氏に修了証書が多田委員長より授与された。続いて、成績優秀者表彰に移り、優秀各賞に加えアメリカ合衆国小麦連合会・カナダ国際穀物研究所・オーストラリア小麦品質協会各特別表彰(1900点以上)の受賞者に表彰状がそれぞれ手渡された。
 製パン通信教育講座初級36次・中級35次の成績優秀者は次のとおり(敬称略)。
▽最優秀賞=初級:村上馨・土岐映津子・佐々木美佳(ドンク)、林田和也(三和産業)、尾前美和・波多野百合(個人)
▽優秀賞=初級:津川沙織・時田美奈(ドンク)、要早織(エーワンベーカリー)、秋山千香子(ピーターパン)、佐々木春花・小幡茜(田中食品興業所)、相川祥胤(岡山木村屋)、林詩央里(山崎製パン)/中級:田辺真美子・塩田修(ドンク)
▽努力賞=初級:張晨(ドンク)、坪井一将(敷島製パン)、中山こころ(ニップン商事)、嶋田敦子(個人)、内田順也(日清製粉)、田中俊裕(山崎製パン)/中級:三浦朋世(ドンク)
▽特別表彰=丸亀俊明(日本製粉)

2018パングランプリ大阪表彰式
 2018パングランプリ大阪の表彰式では、審査委員長でM田中食品興業所タナカベーカリー研究所次長の齋藤真氏がつぎのように審査総評を述べた。
 市販パン部門(国産小麦を使用した食パン)は、小麦粉の良さを活かすために製法や組み合わせる素材に色々な工夫が凝らされており、優劣を付けるのに苦労した。学校給食パン部門は制約がある中、子どもたちに対して如何に美味しく、楽しく、健やかに食べてもらえるかをテーマにした作品が多数寄せられた。学校給食では是非、応募作品のようなパンを食べた子どもたちが、嬉しく楽しいランチタイムを過ごすシーンが実現することを願って止まない。
 その後、結果発表が行われ、各賞受賞者に大阪府、パン食普及協議会、大阪府学校給食会の代表者より表彰状と記念品が授与された。
 入賞者と作品名は次のとおり(敬称略)。
《市販パン部門(国産小麦を使用した食パン)》
▽最優秀賞(グランプリ)・大阪府知事賞=立上晃秀(ミドリ屋)「優(やさし)食パン」
▽優秀賞・パン食普及協議会会長賞=堀さよ子(千壽堂)「北海道全粒粉食パン」
▽同・全大阪パン協同組合理事長=森田重幸(エーワンベーカリー)「贅沢な朝」
《学校給食パン部門》
▽最優秀賞(グランプリ)・大阪府知事賞=一楽虎光(木村屋パン屋のグロワール)「おさつブレッド」
▽優秀賞・大阪府学校給食会理事長賞=辻中雅至(千壽堂)「もち麦のモチモチパン」
▽優秀賞・大阪学校給食パン・米飯協同組合理事長賞=堀さよ子(千壽堂)「ほうじ茶のクルミパン」

新聞最新号へBACK

市販パン部門グランプリ・大阪府知事賞

学校給食パン部門グランプリ・大阪府知事賞

パングランプリ大阪入賞者