みどりのラー油

BACK

 

 本場小千谷のへぎそば製造・販売などを行うMわたや(新潟県小千谷市/和田正樹社長)は、昨年11月3日に一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が開催する調味料の魅力を社会に広めるイベント「調味料選手権2018」で審査員特別賞を受賞した「みどりのラー油」をスーパーマーケット・トレードショー2019で展示試食を行った。
 みどりのラー油は、2013年に販売開始され、美味しさを引き出す魔法の一滴として「料理王国100選」に2017年〜2019年連続選出されるなど、その認知度を拡大しており、今後販売数をさらに拡大する計画を進めている。
 調味料選手権2018で審査員であった「予約がとれない伝説の家政婦」として著名なタサン志麻氏から、料理を引き立たせる調味料として高く評価され、全国の主婦層や料理人への認知度が拡大された。
 同社のある小千谷が中越大震災で大きな被害に遭い、震災からの復興を掲げ小千谷産のかぐら南蛮を使用してオリジナル商品の「みどりのラー油」が完成した。
 現在、タサン志麻氏と共同でレシピを作成中。今年4月を目標にQRコードで表示可能なアレンジレシピを商品に添付する予定。

新聞最新号へBACK