第8回saf製パンコンテスト
最優秀賞作品を期間限定で販売

BACK

 

 Mドンク(中土忠社長)は2月25日〜3月10日の期間、昨年6月26日に開催された「第8回saf製パンコンテスト」において、女性初・史上最年少で最優秀賞に輝いた傍島加織氏(ドンクそごう大宮店)の作品「ブリオッシュ・ミエル・オランジュ」をドンクそごう大宮店で限定販売した。
 saf製パンコンテストは、日仏商事Mが主催、ルサッフル社が協賛する日本国内在住の製パン関係者を対象にした2年に1度開催されるコンテスト。第8回は「食卓の中のパン」をテーマに食事用パン・ブリオッシュ・焼成冷凍パンの3カテゴリーで競われた。
 傍島氏の「ブリオッシュ・ミエル・オランジュ」は、はちみつを使用したブリオッシュにオレンジの風味をつけることで、ソフトでしっとりとした食べやすい食感に仕上げ、朝食やおやつ・ティータイムに推奨の一品。

新聞最新号へBACK