東北大学大学院農学研究科との共同研究講座を開講

BACK

 

 MJ-オイルミルズ(八馬史尚社長)は2019年4月1日〜2022年3月31日の期間、東北大学大学院農学研究科との食用油の酸化に関する共同研究講座(J-オイルミルズ油脂イノベーション共同研究講座)を開講する。  同共同研究講座では、油脂の酸化によって生成する過酸化脂質やそれらから生じる二次酸化生成物を対象として新たな分析技術を確立することで、油脂の様々な酸化反応で生成される成分を把握することを第一目的とする。さらに、酸化によって発生する事象のキーポイントを理解して制御すべきポイントを明らかにし、油脂の新たな応用可能性を探索することを第二の目的として取り組む。これにより、これまで見出されていなかった油脂の活用手法や新技術開発を提供することが可能となり、課題解決に貢献できると考えている。

新聞最新号へBACK

左がMJ-オイルミズ松本英三氏