第27回カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテスト

BACK

 カリフォルニア・レーズン協会は、製パンに携わるプロフェッショナルな技術者を対象に「第27回カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテスト」を開催、店の看板・定番となり長く愛されるレーズンパン作品を募集している。

 募集部門は、「ホールセール/コンビニエンス製品部門」(工場生産ラインで製造、完全包装し卸で販売するパン)、「フレッシュ/インストア/リテール製品部門」(ベイクオフやオールスクラッチなどで生産し無包装で販売するパン)の2部門。募集要項に沿い所定の応募用紙で応募する。募集要項・応募用紙はコンテスト事務局まで問合せするか、同協会Webサイトからもダウンロードできる。
【作品応募要項】
《応募資格》
◇日本国内でパンの製造販売に携わるプロフェッショナル(国籍不問)。各協会主催コンテストの歴代入賞者も応募できるが、審査基準が異なる(得点ハンディキャップ)。
◇材料や機械メーカーの製パン開発担当者は応募可能。
◇パン技術者育成機関関連、製パンコンサルタントは応募不可。
◇作品応募に際しては、所属会社、または店舗の事前承諾が必要。
◇応募作品は、応募者自身が開発した作品とし、作品製作は応募者自身で行うこと。
◇受賞した作品は、期間にかかわらず、必ず商品化して販売すること。
◇商品化、および商品提案して販売することが前提のため、第三者が再現できるものとする。
《応募作品規定》
◇カリフォルニア・レーズンを粉100%に対し25%以上配合した作品(他国産レーズンは使用不可)。
◇カリフォルニア・レーズンペーストは上記の25%に含まれる。
◇カリフォルニア・レーズン濃縮果汁(コンセントレート)は使用できるが上記25%には含まれない。
◇審査は、以下の5項目について総合的に審査する。
@カリフォルニア・レーズンの使い方・活かし方
Aおいしさ(味のバランス)
B見た目(外観と内層)
C製品開発力(アイデア、ネーミング、他素材との組み合わせ方、ユニークさなど)
D市場性(長く愛される商品か/定番商品に成り得るか)。
◇作品は、小麦やライ麦などの穀物類の粉に水や酵母、塩、油脂などを加えて作った生地を発酵後に焼成した「パン」、または「クイックブレッド」とする。
◇本年度より、蒸しパン、マフィン、スコーン製品などに用いられるベーキングパウダーを使用した作品についても応募が可能(ベーキングソーダ=重曹の使用は不可)。
◇但し、プレミックス粉を使用した作品は不可(プレミックス粉とは、ケーキ・パン・惣菜等を簡便に調理できる調製粉で、小麦粉等の粉類[澱粉を含む]に糖類、油脂、脱脂粉乳、卵粉、膨張剤、食塩、香料などを必要に応じて適正に配合したもの)。
◇今後発売予定の未発表作品とする。
◇作品は、作業1日目2時間、作業2日目5時間の合計7時間以内に、計量・仕込み・発酵・焼成・仕上げをして完成できること。上記時間以外の作業は一切禁止とするが、計量済み材料の持ち込みは可能。
◇使用する全材料は公開できるものとし、ブランド名ではなく材料本来の一般名称を記載すること。
◇食材の漬け込み、粉類やオートミール等の前処理、発酵種については、使用材料、工程、完成までの時間や日数を明記しなければならず、未記入の場合は、持ち込みを一切禁止とする。
◇作品の生産方法を明記すること(工場ライン生産/ベイクオフ/オールスクラッチ/その他から選択)。
◇作品は、応募後に使用材料と数量、作品形状について、特例を除いて変更できない(特例:焼型不足など)。
◇外観写真は販売形態1単位の作品数を撮影したものとし、内層写真は作品を1/2にカットした写真。
◇写真は、華美な装飾、包装、社名・店舗名・ブランド名が判明するものが写り込んだ場合は審査対象外とする。
◇ひとつの作品で複数部門への応募は不可とし、応募作品数は部門にかかわらず、ひとり3作品までとする。
◇審査内容は非公開とし、審査内容に関する問い合わせには一切回答しない。※応募作品の部門選択は応募者の判断とするが、選択部門に該当しない作品と事務局で判断した場合は、応募者の了解を得て部門変更する場合がある。応募された作品レシピは返却しない。入賞作品のレシピは応募者本人とカリフォルニア・レーズン協会に帰属し、印刷物や公式Webサイト・SNS等で公開する。
《応募方法》
規定応募用紙に、必要事項を全て正確に記入の上、応募作品の指定写真2枚を貼り、郵送でコンテスト事務局まで送付。複数作品応募の場合は規定応募用紙をコピーして使用するか、ダウンロードする。規定応募用紙の郵便を希望する場合はコンテスト事務局までFAXまたはE-mailで依頼。電話での依頼は受け付けない。
《応募締切》
4月22日(当日消印有効)
《審査・発表》
◇一次審査:レシピと作品写真による書類審査(5月中旬)
◇最終審査:ファイナリストによる作品製作とプレゼンテーション、試食審査(都内)6月14・15日「カリフォルニア・レーズン大賞」(各部門1名、計2名)を含む計10名の入賞者が選ばれる。
◇表彰:5月15日審査後、発表・表彰(都内)
《賞》
入賞者は米国カリフォルニア州への研修旅行に招待(9月下旬〜10月上旬予定)

【問合先】
カリフォルニア・レースズンベーカリー新製品開発コンテスト事務局
Mジェイブレイン内、担当:竹内
〒101-0061東京都千代田区神田三崎町3-2-15ORIENT BLD. No.68 2F
TEL03-6256-9778
FAX03-6256-9776
E-mail.contest@raisins-jp.org

新聞最新号へBACK