2019年度リスブランド新製品発表会
新製品テーマは「おいしいにプラス」

BACK

 

 

安田大阪支社長

ビーツとイチゴのフルーツバンズ〈エレバールレーチェ〉

クレセント〈EZマーガリンCP〉

 MADEKA西日本食品営業部は4月9日、大阪市北区の同社大阪支社で販売店各社に向けて「2019年度リスブランド新製品発表会」を開催した。

 食品業界では、専門店の高級食パンや健康食品等の比較的高価格帯の商品が流行する反面、節約志向も根強く、消費の二極化が進行している。また、労働人口の減少や食品ロスに対する意識の高まり、原材料費および物流費の上昇等、業界を取り巻く環境は厳しさを増しており、食品メーカーは、省力化や効率化、賞味期限の延長、コストダウンなど様々な課題に直面していると報じられている。
 2019年度新製品のテーマは「おいしいにプラス」。良質な原料を用いるとともに、取引先が抱える様々な課題の解決や商品開発をサポートする機能の製品をラインナップ。「美味しさと安心のベストパートナー」として取引先とともに永続的発展を目指すとしている。
 発表会に先立ち、大阪支社長の安田晋氏が「今年は、春に乳製品等の価格改定、秋には消費税増税が予定されており、消費者の購買意欲縮小を危惧している。今日説明する新製品を活かしていただき、販売店様とともに良い意味での当たり年にしたい」と挨拶した。
 続いて、販売方針を西日本食品営業部長の伊藤禎敏氏が次のように説明した。
 食品事業では「国内基盤の強化」「事業領域の拡大」「海外展開の加速」を3本柱とし推進している。重点市場である製パン・製菓・洋菓子・デザートのシェアを拡大するとともに健康食品市場の新規開拓。市場は常に変化しているため、従来の顧客に従来どおりの対応をしていると対前年比を上回ることはできない。新しい目線で新規顧客を開拓し、新しい取り組みを継続的に実践しなければ、厳しさを乗り越えることはできない。お客様・販売店様との関係強化では、互いに結果を出すためにワクワクする仕事をして、仕事を楽しみたいと考える。情報は、滞留させずスピーディーに交換したいと思う。
 その後、食品企画部マーケティンググループの小島信吾氏が新製品テーマやコンセプトを述べたあと、個別の概要が説明された。
 以下は新製品の概要。

◆マルシェクレール
 自然なバター風味のコンパウンドマーガリン(ポンド)。ブルターニュ産発酵バターを配合し、バターを使用したときのようなジューシー感やしっとり感のある商品に仕上がる。
▽用途=製パン・洋菓子
▽保管温度=要冷蔵(3〜7℃)
◆オリンピアクレール(スライス)
 ブルターニュ産発酵バター配合で自然なバター風味のコンパウンドタイプ折り込み用マーガリン。作業温度幅が広く、伸展性に優れている。
▽用途=製パン・洋菓子
▽保管温度=要冷蔵(3〜7℃)
◆オリンピアスイートシート
 加糖タイプの折り込み用マーガリン。ボリュームがあり見栄えのするデニッシュができるほか、生地のほのかな甘みとミルク風味が、フィリングやドライフルーツなど、合わせる素材の風味と調和する。
▽用途=製パン
▽保管温度=要冷蔵(3〜7℃)
◆エレバールレーチェ
 菓子パンにほのかなミルク感を付与し、合わせるフィリングのおいしさを引き立てる練り込み用マーガリン。作業温度幅が広く、低温でも生地に練り込まれやすいなど、使いやすさにこだわった。
▽用途=製パン
▽保管温度=要冷蔵(3〜7℃)
◆EZマーガリンCP
 コンパウンド率以上の自然なバター風味を感じることができるコンパウンドマーガリン。作業温度幅が広く、低温でも生地に練り込まれやすいなど作業時間短縮による効率化が期待できる。
▽用途=製パン・製菓・土産
▽保管温度=要冷蔵(3〜7℃)
◆ブレンドホイップFC
 フローズンチルドデザートに適した純生クリームブレンド用ホイップクリーム。優れた冷凍耐性で、解凍後でも「みずみずしくなめらかな食感」「新鮮な乳風味」が持続する。
▽用途=洋菓子
▽保管温度=要冷蔵(3〜7℃)
◆ディオネ(北海道ミルク)
 濃厚で自然な乳風味が持続する北海道産牛乳配合のミルクフィリング。濃厚なのにすっきりとした後味で、軽い食感のパン生地からデニッシュペストリー、ソフトフランスなどへのサンドや注入など、幅広い用途に推奨。
▽用途=製パン
▽保管温度=要冷蔵(3〜7℃)
◆ナイスワンNEO(カスタード/キャラメル)
 濃厚な風味で、なめらかな食感の日持ちフィリング。人形焼や乳菓、菓子パンなどへの注入や、サンド、焼き込み用として幅広く使用できる。
▽用途=製パン・製菓・土産
▽保管温度=要冷蔵(3〜15℃)
◆レジーナシート(北海道ミルク)
 ソフトで口どけが良く、しっとりとした食感のパンができるロールインフィリング。北海道産牛乳を配合し濃厚なミルク風味が持続、生地の甘み、余韻、素材との一体感を向上させる。
▽用途=製パン
▽保管温度=要冷蔵(3〜7℃)

 同グループの上原食品工業Mより、大阪営業所所長の後藤久義氏が次の新商品を紹介した。
◆完熟トマトの野菜カレー19
 味付けにブイヨンとエキス、チャツネを加え、甘味と深みのある風味。トマト風味に合うような程良い辛さのスパイスとカレー粉をブレンドしたカレーに仕上げた。
◆ハバネロキーマカレー19
 激辛唐辛子「ハバネロ」を含む4種類の唐辛子と2種類の香辛料をブレンド。様々なタイプの辛味と香りを付与した激辛タイプのビーフカレーフィリング。
◆お好み焼きフィリング19
 濃厚ソース(お好み焼きソース)で関西風お好み焼きの風味にアレンジした。かつお風味だしとソースのバランスに紅生姜のアクセントが絶妙。

新聞最新号へBACK

ソフトプレッツェルサンドなど〈ディオネ(北海道ミルク)〉

カスタードクリームのパン・オ・レ〈ナイスワンNEO(カスタード/キャラメル)〉

いちごマンゴーロール/スノーボール〈レジーナシート(北海道ミルク)〉