新入社員入社式 J-オイルミルズ
働くことを誇りに思える会社を一緒に創ろう

BACK

 

 MJ-オイルミルズ(八馬史尚社長)は4月1日、本社で「2019年度入社式」を開催。19名の正社員が入社式に臨んだ。

 八馬社長は次のように式辞を述べた。
 今回の中期経営計画では「Joy for Life」を私たちの目指すべき未来として掲げている。これは、2030年に向けて、食だけではなく生活の様々な場面でJoy、楽しさ、うれしさを創り出す会社になりたい、またそれを私たち自身の喜びとして、働く心のエンジンとして搭載していける会社になりたい、という思いを表現したもの。またもう一つ、私達が大切にしたい言葉は「Try&Error&Try」。この中期経営計画では気持ちの中に携えるようにしている。
 創造するためにトライ無くして成長は望めない。ただ、新しいことにトライすることは失敗するリスクも伴う。それをエラーで終わらせずにエラーから学びを得て更にトライを重ね、これからの日本で、あるいは世界で必要とされる、なくてはならない、私たちにしかできない仕事が出来る、そんな会社になっていきたいと考えている。
 食品産業のよい点は、我々も日々消費者として商品と接する機会があること。お客様あっての事業。直接お客様と接する仕事就く人は全員ではないが、どの部門で働かれるにしても、お客様の気持ちに想いを馳せつつ、日々の仕事に取組んでいただきたい。
 これから長い社会人としての生活がスタートする。長いと思うが、あっという間に時間は過ぎる。一日一日の違いはほとんどなくても、意識を高く持ち、それを行動に移すこと、そしてそれを習慣にしていくことを心がけると1年、5年、10年、20年と経つと大きな力の差が生まれる。ぜひ、高い目標を自身で掲げ、一日一日を大切にすることが一人ひとりの成長に繋がることに期待する。
 「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし」という吉田松陰の言葉がある。
 会社もJ-オイルミルズを選んでいただいたみなさんの期待に応えられるよう成長をサポートしていきたいと思います。
 当社は前身の事業会社から数えると大正、昭和、平成と時代を乗り越えて、そして今日、これからの新しい元号を迎える。この新たな時代において、みなさんがそこで働くことを誇りに思える、そんな会社を一緒に創っていこう。

新聞最新号へBACK

新入社員と会社幹部