新生産ライン完成

BACK

 日清製粉グループの日清製粉M(山田貴夫社長)は4月3日、米国の海外子会社ミラー・ミリング・カンパニーサギノー工場(米国テキサス州)に新生産ラインを増設。同工場の生産能力を約70%増強する新生産ラインが本格稼働を開始し関連設備も完工したことから竣工式を執り行った。
 同工場の商圏は、人口伸長率の高い成長市場で販売が好調であり、今後の生産能力不足が見込まれていた。今回の新生産ライン増設によりテキサス州における小麦粉供給体制を強化し、更なる事業拡大を目指すとともに、カナダの子会社であるロジャーズ・フーズを含めて、北米の事業基盤の拡大に取り組む。

新聞最新号へBACK