アメリカ産乳由来たんぱく質セミナー

BACK

 アメリカ乳製品輸出協会日本事務所(ジェフリーマクニール駐日代表)は5月23日、「ifia Japan 2019」(東京ビックサイト)会場内で「アメリカ産乳由来たんぱく質セミナー〜海外市場動向と日本人が朝食でホエイたんぱく質を摂取する重要性〜」と題したセミナーを開催した。

 東京オリンピック・パラリンピックやラグビーワールドカップ開催に伴い、スポーツシーンにおいて、たんぱく質が強化された食品が一層注目を浴び、成年のみならず、子供向け商品としても増えてきており、マーケットは成長をしている。
また、高齢者の健康維持や健康寿命を延ばす必須栄養素としても、たんぱく質の重要性が注目され、個食で手軽に摂取できる消費者向け高たんぱく質商品市場は欧米市場のトレンドを後追いすると考えられる。
 セミナー内容は次のとおり。

▽米国酪農産業と日本における協会マーケティング活動について:アメリカ乳製品輸出協会ビジネス開発・トレードリレーションディレクター福田久雄氏。
▽世界の食品トップ10トレンド2019&アメリカ乳プロテインの注目すべき可能性:イノーバ・マーケット・インサイツ社カントリーマネージャー田中良介氏。
▽サルコペニア予防とたんぱく質摂取=朝食でのホエイたんぱく質の活用:立命館大学スポーツ健康科学部藤田聡教授。

新聞最新号へBACK