令和元年度夏期技術講習会 パン技術開発研究会
付加価値と生産性効率の追求
〜若い世代へのサマーアイテムの提案〜

BACK

 

 パン技術開発研究会(増田信司会長)は6月6日、日清製粉M小網町ビル加工技術センターでベーカリーオーナシェフ、製パン技術者、材料メーカーの研究開発スタッフ、営業担当者67名を集め、夏期技術講習会を開催した。

 テーマは「付加価値と生産効率の追求〜若い世代へのサマーアイテムの提案〜」。ポンパドウルアソシエの内海美鶴氏が、3種類の生地から9品。第26回カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテストでカリフォルニア・レーズン大賞を受賞した「カフェ・オ・レザン」。田中食品興業所の濱野夕輝氏が、3種類の生地から9品、タルト生地から2品を紹介した。両講師は数種類の生地からいくつものバラエティ豊かな製品を作り、作業性の良さと合理化を提案した。

【協力メーカー(順不同)】
日清製粉、田中食品興業所、加藤美峰園、正栄食品工業、よし与工房

【問合先】
パン技術開発研究会、東京都足立区南花畑1-2-7田中食品興業所東京支店内
担当/平澤、TEL03-3859-1551

新聞最新号へBACK

左から内海講師、増田会長、濱野講師

内海講師の提案製品

濱野講師の提案商品