アメリカ産チーズアイディアメニューコンテスト

BACK

 アメリカ乳製品輸出協会(ジェフリー・マクニール駐日代表)は11月23日、服部栄養専門学校(東京・代々木)で、企業に所属しメニュー開発・商品開発に従事されている人、飲食店・宿泊施設に従事する料理人を対象にアメリカ産チーズを使った「アイディアメニューコンテスト」の実技・審査と表彰式を開催する。

【募集要項】
▽募集部門=@ピザ部門(外食・小売商品不問)Aハンバーガー/サンドイッチ部門B料理部門(和洋中料理、デザート含む)※応募数制限なし(複数部門へのエントリー、同部門複数応募可)
▽応募資格=企業に所属しメニュー開発・商品開発に従事されている人/飲食店・宿泊施設に従事する料理人。年齢、性別、国籍は不問。但し日本在住に限る。応募者は、個人名以外にも開発チーム、部署名、会社名でも可。但し、最終審査は、個人名の応募者の場合は本人、チーム、会社の場合は代表者の1名が行う。応募作品は、所属企業の了承を得ているものに限る。最終審査会、表彰式に参加可能であること。
▽応募条件=作品に使用するチーズの80%以上はアメリカ産チーズを使用した作品。受賞した応募作品は、期間にかかわらず、商品化、メニュー化し販売。他国産チーズを併用して使用の場合は、種類、原産地を開示すること。メニュー化を前提とした店舗もしくはラインでのオペレーションが可能な作品。和・洋・中のジャンル不問。入手が難しい特殊食材・季節限定の食材はなるべく避けること。1作品1部門の応募。1作品2部門エントリー不可。
▽応募規定=作品は、実技審査時間30分以内で2皿を完成すること。時間内で出来ない具材は、予め仕込みをした状態で持ち込み可。実技・試食審査用の2皿の材料は、各自にて全て持ち込み(事前送付可)。また、撮影・プレゼン用の皿を2枚用意すること。他コンテスト受賞の類似品は不可。主催者は応募作品、応募者の情報を、Web・映像・出版物等へ掲載する使用権を取得するものとし応募者はこれに協力するもの。※応募者は応募作品を主催者に提出した時点で、同規定に同意したものとみなされる。応募用紙(写真含)は返却しない。エントリー部門にそぐわない場合、事務局判断で部門変更する場合がある。応募作品の加筆・修正は原則受け付けない。
▽応募方法=郵送:規定の応募用紙に必要事項を明記し作品の写真を貼り、郵送で応募。写真は、料理の全体が写った外観写真を1枚、内層の写真を1枚添付する(規定応募用紙コピー可)。応募用紙は、当事務局Webサイトからもダウンロードできる。※応募用紙は、規定サイズ(A3)と同じサイズで印刷して送る。グループで応募の場合は代表者名を記入すること。
▽応募締切=9月10日消印有効
▽審査・発表=第一次審査:9月下旬〜10月初旬/レシピと作品写真による書類審査、最終・試食審査:11月23日/服部栄養専門学校/一次審査通過15作品15名による実技とプレゼンテーション・試食審査。審査後、表彰式・懇親会
▽最終審査員=落合務氏、服部津貴子氏、村山重信、その他著名料理人、協会代表、計5名 ▽賞=最優秀作品賞3名(各部門)10万円、優秀賞3名(各部門)5万円※遠方の人は宿泊・交通費は別途支給。

【応募・問合先】
アメリカ産チーズアイディアメニューコンテスト事務局、担当:佐藤
〒178-0063東京都練馬区大泉学園東大泉5-38-20-1F「クッキングチーズ」内
TEL03-5935-4428(10〜18時、月曜日休み)
FAX03-5935-4429

新聞最新号へBACK