丸菱 食品機械と原材料 総合展 2019
STYLE〜今考える、お店のかたち。

BACK

 

 

会場内の様子

マックスクーゲル氏&明石克彦氏によるパン実演
 

ideat marubishiブース

ideat marubishiブース

ideat marubishiブース(ワイン)
 

田中食品興業所

ジャパンシステム

三幸機械
 

三菱商事ライフサイエンス

ホシノ天然酵母パン種

レオン自動機
 

戸倉商事

鳥越製粉

日仏商事

 M丸菱(本田雅裕社長/本社:熊本県上益城郡)は7月3・4日の2日間、熊本県上益城郡のグランメッセ熊本で「食品機械と原材料の総合展2019『STYLE〜今考える、お店のかたち。』」を開催。約7千人の来場者を迎え成功裡に閉幕した。

 今回は、顧客とともに未来をみすえて様々なビジネスモデルや志向を「ともに考え、成長する」という想いを込めて、新しいビジネスへの可能性の追求や新たな展開へのチャンスを、同社も一緒になって手伝うことを主旨とした。出展社数250社を超え、単独企業グループの開催としては国内最大級。国内外で活躍しているトップパティシエやトップブーランジェによる充実した内容の実演や講演会なども多数催された。
 テーマ「STYLE〜今考える、お店のかたち。」は、食に対する消費者の関心が年々高まり様々な新しいスタイルの価値創造や発想の転換が問われる中、「食品産業のパイプ役繁栄の使従」を企業使命とする同社として、新たな食文化の未来創造にチャレンジするプロフェッショナルに対して様々な角度・視点から新しいチャレンジの手伝いとなる提案を行うというもの。
 会場内では、ideat marubishiブース、丸菱マシナリーベーカリー機械のほか、丸菱×メーカーコラボ企画として、簡単日常日持ち菓子(田中食品興業所・ミヨシ油脂・鳥繁産業)、高単価商品(日本製粉・DOVER・日仏商事)、看板商品提案(森永製菓・Unifiller Japan・日仏商事)、腸内環境整備(森永乳業・鳥越製粉)、オーバーナイト製法(日本製粉・日仏商事)、同社が提供するideat人手不足対策ブース設置やチョコレートギフトエンローバー実演、イタリアンジェラート実演などが行われた。
 メーカーブースでは、ツジ・キカイから牧島昭成氏による最高の石窯で焼くナポリピッツア、西園誠一郎氏・小倉孝樹氏による実演。大陽製粉から野上智寛氏によるバハテルとのコラボ実演。エフ・エム・アイからコンベクションオーブンを使用したパン・菓子の実演。関東混合機工業から垣本晃宏氏によるシェーキングミキサーの実演。などが発信された。
 キッチンスタジオでは、竹本油脂×ヤマケンの油使いで変わる料理・パン・菓子の世界〜その油、まだ使いますか?〜。内海会では、横田秀夫氏・和泉光一氏などによるデモンストレーションなどが開催され、セミナー会場では、マックスクーゲル氏&明石克彦氏によるパン実演と特別講演会。ピュラトスジャパン長谷川雅明氏によるサワー種アカデミー「パンの未来は過去にある」などが開催された。

新聞最新号へBACK

日清製粉

日本製粉

ADEKA