FOOMA JAPAN 2019
アジア最大級「食の技術」の総合トレードショー
テーマ「食の技術のニッポン力りょく。」
370を超える新製品が集結

BACK

 

 





フジサワマルゼン
 

マスダック

ハクラ精機

ニップンエンジニアリング

オシキリ

日清エンジニアリング

中井機械工業
 

三幸機械

愛工舎製作所

レオン自動機
 

ゼネラルパッカー

福島工業

冨士島工機

 一般社団法人日本食品機械工業会(海内栄一会長)は7月9〜12日までの4日間、東京ビッグサイト(西・南1〜4ホール・アトリウム)でアジア最大級の食品機械展示会「FOOMA JAPAN 2019」を開催。約10万人(内海外から約5千人)が来場した。

 42回目となる今回は、東京オリンピック・パラリンピックの準備のため、会場を従来の東京ビッグサイト東展示棟から、西展示棟1〜4ホール・アトリウムと新設の南展示棟1〜4ホールに変更して、出展社数690社(内43社が新規出展)の規模にて開催。各ブースでは食品製造・加工機械を中心に、原料処理から包装・物流まで、食品製造プロセスの自動・効率省力化や高品質化を図る最新悦の製品、最先端技術、ロボット技術、ビックデータを活用した品質管理、IoT活用の効率的な生産活用等展示し、食品工場の自動化技術や、HACCP義務化に伴う衛生対策などについて、実機デモンストレーションやパフォーマンスを通して幅広く提案、製品やサービスについて紹介した。
 また、食品ビジネスに携わる人々の情報発信・収集の場として、西展示棟1階アトリウムには「アトリウムステージ」を設け、産・学・官で共同研究開発を行う契機となっている「アカデミックプラザ」や「海外市場展開セミナー」を実施。海外市場でのビジネス展開を目指す企業のための「海外市場展開相談コーナー」も設置するなど、ビジネスの新たな展開に_がるヒントやノウハウを提供した。

新聞最新号へBACK

日仏商事

ジャパンシステム