子ども食堂に冷蔵庫を寄贈

BACK

 

 業務用冷凍冷蔵庫メーカーの福島工業M(福島裕社長)は、社会貢献活動の一環として本社がある大阪府内の子ども食堂56施設に冷蔵庫を寄贈した。
 子ども食堂とは、地域の親の帰宅時間が遅い家庭などの子どもたちに無料または低額で温かい食事を提供したり、居場所を提供する社会活動。2019年の調査では、全国の子ども食堂は3700カ所を越えており、大阪府は全国2位で登録数は329カ所(2018年9月1日現在)。
 寄贈先は、大阪市内13件、堺市8件、八尾市5件、茨木市・東大阪市各4件、岸和田市3件など。
 寄贈機種は、業務用冷凍冷蔵庫のタテ型・ヨコ型より各所からの要望に合わせて提供。内訳:タテ型冷蔵庫5台、タテ型冷凍冷蔵庫33台、タテ型冷凍庫10台、ヨコ型冷蔵庫3台、ヨコ型冷凍庫5台。納品は、9月末に完了予定。

新聞最新号へBACK