SHOWAダイバーシティフォーラム

BACK

 

 昭和産業Mは7月18日・19日・23日の3日間(東京2日間、大阪1日間)、女性社員対象の「SHOWAダイバーシティフォーラム」を開催した。

 今回のフォーラムは、ダイバーシティという大きな枠組みの中で、女性活躍推進に焦点をあて、昨年7月に経営陣及び部署長を対象に開催した「女性活躍推進セミナー」に続く第二弾として、全女性社員を対象にしたもの。同社にとって女性活躍推進の目的は@女性社員が個々の制約に拘らず一人ひとりが自分自身の能力を最大限に発揮し、組織貢献することのできる職場環境を構築すること。A女性社員の一人ひとりが、今のポジションから更に上のポジションを目指し、今までよりも高い目線を持って「経営への参画の多様化」を実現すること。にある。
 女性社員の約半分となる145名が参加し、外部講師による基調講演やグループディスカッションなどを実施。フォーラムを通じて、個々のチャレンジ意欲の向上や「女性活躍推進」への思いについて理解を深めることができた。
 同社は昨年10月1日に「ダイバーシティ経営宣言」を公表しており、今後も重要な経営課題であるダイバーシティ推進のため、社員一人ひとりが、制約にとらわれず、能力を最大限に発揮できる職場環境の整備、企業文化の醸成に努めるとしている。
《主な開催内容》
@社長ビデオメッセージ
A同社のダイバーシティ・女性活躍推進について説明(管理部門統轄役員)
B女性活躍推進PJの活動報告(PJメンバー)
C今後の施策等(人事部)
D基調講演:MDELICE杉浦莉起氏/女性の自身と積極性をアップ!「らしさを活かすリーダーシップ力」

新聞最新号へBACK

杉浦氏講演の様子