ヤマザキサマーコンサート

BACK

 山崎製パンMは8月23日、東京・赤坂のサントリーホールに、取引先等関係者を多数招き、恒例の第16回「ヤマザキサ マーコンサート」を開催した。

 冒頭、飯島社長は「同コンサートは、毎回、東京交響楽団のご助力をいただき企画・開催しているもので、今回で16回目となる。
 同社では、ワールド・ビジョン・ジャパンが支援する国際開発救援財団の法人会員・賛助会員の皆様と、『愛の泉』チャリティーコンサートともにこのサマーコンサートを開催している。お蔭様で、国際開発救援財団も今年で29年を迎え、着実に事業を積み重ね推進している。来年9月、『愛の泉』チャリティーコンサートは30周年記念として企画する。
 日本経済は、まだ明るさが見えない中だが、夏の夕べのひとときをゆっくりとお楽しみください」とあいさつした。
 秋山和慶氏指揮、東京交響楽団の演奏で、ドヴォルザーク作曲交響曲第9番「新世界より」、ピアノ小曽根真氏とのシンフォニック・ジャズの両極演奏など夏の夕べのひとときを堪能した。

新聞最新号へBACK