「青の洞窟FUKUOKA」に特別協賛

BACK

 

 日清製粉グループの日清フーズM(小池祐司社長)は9月16日〜10月6日の期間、福岡県福岡市の中洲懸橋が青色の光で彩られるイルミネーションイベント「青の洞窟FUKUOKA」に特別協賛した。
 同イベントは、2014年に東京・中目黒で「Nakameguro青の洞窟」として初めて開催され、2016年からは、渋谷に場所を変えて復活。2018年の「青の洞窟SHIBUYA」には、約280万人が足を運んだ。さらに、初の地方開催として2018年2月には「青の洞窟SAPPORO」、9月には「青の洞窟OSAKA」が実施され、東京のみならず国内外の多くから愛される定番のイルミネーションイベントとなった。
 今回は、地方開催第3弾として、九州で初めて「青の洞窟FUKUOKA」が開催。九州一の繁華街・福岡市中洲の中洲懸橋に「青の洞窟」が「青い滝」となって出現。特別な装飾を施したクルーズ船で「青い滝」が流れる橋をくぐり、福博であい橋からキャナルシティ・博多湾までの名所を巡る航路で、幻想的でロマンチックなクルージングと同社の「青の洞窟」ブランド製品を使ったパスタメニューを楽しんだ。

新聞最新号へBACK

-