全国パン専門新聞協会 共同取材
月島食品工業M本社・東京工場

BACK

 

 

矢口会長

塩谷専務

海上副本部長

 全国パン専門新聞協会(矢口和雄会長/Mパンニュース社社長)は10月17日、共同取材を実施。会員各社より7名が参加した。

 同協会の共同取材は、概ね年に一度行われるもので、今回は東京都江戸川区にある月島食品工業M本社・東京工場を訪れた。月島食品工業より、専務取締役の塩谷隆則氏、執行役員営業副本部長の海上多門氏、営業企画部企画開発室長の小泉賢一氏、研究室第一製品開発室長の石嵜直純氏、北口郁雄氏に出席いただき、同社と同工場の概要などについて詳細な説明を受けた。

《沿革》
1948年東京都中央区月島で会社設立。1955年ソフトタイプのマーガリンを発売。1962年本社を江戸川区に移転。1974年業務用チョコレートを販売。1979年バタークリームの製造開始。1980年ホイップクリームの製造開始。1994年カスタードクリームの製造開始。2008年ISO14001取得。2017年RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)認証を取得。2018年創業70周年。

【月島食品工業M】
▽所在地=134-8520東京都江戸川区東葛西3丁目17番9号
▽創立=昭和23年
▽製造拠点=東京工場・神戸工場・つくば工場
▽従業員数=548名
▽売上高=358億円(2018年)
▽事業内容=食用加工油脂・油脂利用食品・乳等を主要原料とする食品の製造販売・チョコレート(東京フードM)・冷凍パイ生地(Mホーライ)の販売

《営業所》
東京本社を本部として、北海道・札幌から九州・福岡まで、全国7主要都市に営業拠点を配備し、オーダーにすばやく対応できる体制を整えている。

《商品》
マーガリン類、ショートニング類、各種フィリング類、その他加工油脂、ケーキ用乳化脂、離型油、ホワイトソース用ベースクリームなど。

《月島食品グループの特長》
▽お客様の声に合わせた総合提案体制
▽美味しさの追求を支える技術力※
▽市場情報のご提案
▽アプリケーションサービス(油脂の活用法)
▽美味しさを科学する分析サービス
▽品質と供給網(安心・安全の追求HACCP認証取得など)
▽環境への取り組み(CSR活動)
▽月島食品の目指す未来(使命と同じ)
※FRI製法:@油っぽさ、油臭さの低減A味のキレを良くし素材の風味を活かすB加熱・経時による風味劣化の抑制・美味しさの持続

 その後、東京工場と物流センターを見学し、見学終了後には石嵜氏より新製品の紹介と新製品を使用した製品の試食を行った。
◇パン屋さんのおいしいマーガリン
 2008年、創立60周年を記念してこれまで支え続けていただいた顧客に感謝の気持ちを込めて「パン屋さんのおいしいマーガリン」を発売した。10年の時を経て昨年リニューアル。磨き上げた最新の製法技術と厳選されたこだわりの素材を使って「パン屋さんのおいしいマーガリン」は、さらにおいしく生まれ変わった。
@FRI製法:素材のおいしさを引き出すAオリジナル発酵乳:乳の旨みを詰め込んだ発酵乳の美味しさBクリアオイル製法:すっきりと澄んだ味わいに
◇アルフェスタシリーズ
コンセプト:バターの自然な香りと豊かな後味のおいしさを再現。バターとの併用にも適した練り込み用マーガリン。アルフェスタフレッシュ、アルフェスタレグノ、アルフェスタプレミアムの3種。
▽保管条件=10℃以下の冷蔵保存
▽賞味期限=240日(未開封)
▽入れ目=10L流し込み段ボール(段ボール)、500gポンドタイプ×20ヶ入れ(段ボール)

 新製品紹介後、塩谷専務が「今日の共同取材を契機に、月島食品をさらに知っていただき、色々な仕事の機会に役立てていただきたい」と挨拶した。その後、矢口会長が「月島食品工業様とは長い付き合いだが、工場を見学させていただくのは今日が初めて。非常に貴重な時間が過ごせた。工場内には人の力を必要とする部分があり、大手製パンメーカーとの共通点があるのだと感じた」と謝辞を述べて終了した。

新聞最新号へBACK

会社概要紹介の様子

新製品の紹介