お好み焼き検定に協力

BACK

 

 日清製粉グループの日清製粉M(山田貴夫社長)は11月17日、にっぽんお好み焼き協会が東京と大阪の2会場で開催する「第11回お好み焼き検定(初級)」・第7回「お好み焼き検定(上級)」に協力する。
 お好み焼き検定は、お好み焼きを生活に密着した日本の食文化としてより定着させることを目的として、にっぽんお好み焼き協会が実施している一般を対象とした検定試験。お好み焼きに関する雑学や材料の小麦粉・ソース、焼き方や素材など、様々な設問に回答し一定基準を満たすと合格認定証が発行される。

新聞最新号へBACK

略称「おこ検」と記したロゴ