第38回業務用総合食品見本市 荒川商事
テーマ「食の安全性/素材へのこだわり」

BACK

 

 

荒川社長




 



日清製粉/日清製粉プレミックス

月島食品工業
 

大阪ポリエチレン販売

エスケーミキサー

オリエンタル酵母工業/OYCフーズネット
 

meiji

ミヨシ油脂

カネカ食品
 

日仏商事

林原

三幸機械
 

奥本製粉

田中食品興業所

J-オイルミルズ

 荒川商事M(荒川泰則社長)は10月9・10日の2日間、福知山市のホテルロイヤルヒル福知山&スパで「第38回エキサイティングフーズフェア2019業務用総合食品見本市」を開催、製菓関係47社、外食関係34社、機械・包材関係23社、合計104社が出展し、盛況のうちに幕を閉じた。

 38回を迎えた今回は「食の安全性/素材へのこだわり」をテーマに「@季節商材、話題・注目の素材、新製品の紹介A売れ筋パン、洋菓子、外食ヒットメニューの紹介B関連包装資材、食品機械の展示」などの内容となった。
 荒川社長は今回の展示会を次のように述べた。
 「食の安全性と素材へのこだわりが求められる中、製菓製パン向け商品を中心に、明日を先取りしたフードビジネスをベーカリー、和・洋菓子店に対してトータルで提案することをテーマにしている。弊社製品では、丹波産栗・黒豆など原材料にこだわっていることは毎回変わらない。当見本市ではクォリティーの高い商品が紹介できると自負している」
 同社は、丹波黒やわらか煮、丹波黒黒豆かのこ、丹波産黒豆かのこ、丹波黒黒豆煮55度、丹波産大納言あん、丹波産大納言かのこ、丹波黒栗ペーストなどの商品を紹介した。
 また10月13日、京都府福知山市の福知山市厚生会館でスイーツフェティバル実行委員会が主催する「ふくちやまスイーツフェティバル2019」が開催され、同社は協賛した。

新聞最新号へBACK

イズム

理研農産化工