TREHA Culinary Discovery Workshop

BACK

 NAGASEグループの食品素材事業体であるNagase Food IngredientsとしてM林原(安場直樹社長)は昨年11月18〜20日の3日間、海外の外食産業におけるトレハロース(製品名TREHA_)の理解度向上を目的に、米国の料理大学「TheCulinary Institute of America(CIA)」で、米国・カナダのシェフら12名を招聘したワークショップを開催した。
 今回のイベントは、国連持続可能な開発目標(SDGs)17ゴールの中の「2飢餓をゼロに」、「12つくる責任つかう責任」に貢献するもの。北米のトップシェフを含む食品開発担当シェフを対象に、TREHA_の特徴でもある、おいしさを保つ優れた機能(鮮度を保つ)を活用することで、フードロスへの対策やフードサービスオペレーションの改善、全体のコスト削減、料理のクオリティー向上などに役立つ素材としてTREHA_を紹介した。実際の試作実演を通じ、TREHA_の機能は北米の料理業界でも活躍する場が多いことが明らかになった。今後同社は、TREHA_によるフードロス対策やおいしさの向上に、教育的観点からもグローバルに貢献できるよう情報発信を行い、海外の外食産業にも積極的に紹介するとしている。
 講師(敬称略)は、バーバラ・アレキサンダー(CIA)/モデレーター、播川哲也(Wadatsumi, LA)/日本食への応用、望月完次朗(GPSクラブ・帝国ホテル東京)/洋菓子への応用、参加シェフによる調理(CIA提供レシピ&創作レシピ)

新聞最新号へBACK