NZ産グラスフェッドバターを使った製品開発コンクール
最優秀賞はフジパンストアー岸博之氏
コンラッド東京魚住美恵子氏

BACK

 

 ニュージーランド(NZ)乳業最大手フォンテラ酪農協同組合の日本法人であるフォンテラジャパンM(斎藤康博社長)は1月11日、初めての開催となるニュージーランド産グラスフェッドバターを使った製菓・製パン製品開発コンクール「フォンテラグランプリ2019」の最終審査(東京製菓学校)と表彰式(京王プラザホテル)を実施した。

 昨年12月中旬に一次審査を実施し、応募総数83作品の中から最終審査へ進む16作品を選出。最終審査では、各分野の世界大会等で上位入賞経験者を審査員として迎え、入賞作品6作品が選ばれた。今回の入賞者には、同コンテストを機にニュージーランドやグラスフェッドバターの素晴らしさを日本に広めるアンバサダー的存在になって欲しいという思いを込めて、ニュージーランドへの研修旅行が贈呈された。入賞作品は今後、所属店での販売を通して一般消費者にも楽しんでもらいたいとしている。
 以下は入賞作品(敬称略)。

【フォンテラグランプリ2019】
《ブレッド部門》
▽最優秀賞=岸博之(Mフジパンストアー)「グラスフェッドバターのゴールドミルクブレッド」
▽優秀賞=上村昭博(ブーランジュリーアヴェック)「Moon of grass-fed butter」
▽フォンテラ賞=柳川玖哉(ブーランジュリー ヤナガワ)「ノワール・ショコラ・カレ〜栗とチョコの味わい〜」
《焼き菓子部門》
▽最優秀賞=魚住美恵子(コンラッド東京)「フォンテラレーズンウィッチ」
▽優秀賞=平松大紀(アベニール)「フォンテラバターサンド」
▽フォンテラ賞=建元麿(ホテル日航姫路)「グラスフェッドバターが香る とろ〜りキャラメルのケークプディング」
《一次審査員》
▽ブレッド部門=高江直樹氏・伊藤常至氏(東京製菓学校)、梶原慶春氏・浅田紀子氏(辻製菓専門学校)
▽焼き菓子部門=益田一亜輝氏・鈴木兼介氏(東京製菓学校)、畑中久信氏・鈴木麻紀氏(辻製菓専門学校)
《最終審査員》
▽ブレッド部門=渡辺明生氏(ミル・ヴィラージュオーナーシェフ)、浅井一浩氏(トモニパンオーナーシェフ)、松田武司氏(スターバックスコーヒージャパンプリンチ事業部プリンチプロダクション部部長)
▽焼き菓子部門=山本隆夫氏(クラブハリエ代表取締役社長)、岡崎正輝氏(コンラッド東京ペストリーシェフ)、長田和也氏(ザ・プリンスパークタワー東京シェフ・パティシェ)
《審査員長》
▽ブレッド部門担当=斎藤社長
《特別審査員》
▽焼き菓子部門担当=マーク・パイパー氏(フォンテラ酪農協同組合ディレクター)

 斎藤社長は次のようにコメントした。
 審査員として審査に加わったが、作品はどれも甲乙付け難いものだった。そのような中、いかにグラスフェッドバターの特徴を生かしているかが重要なポイントになったと思う。皆さんにはそのような趣旨を十分理解し、素晴らしい作品を作ってもらえたことに感謝申し上げる。
 フォンテラはニュージーランド最大の酪農協同組合であり乳業メーカーで、世界約140の国と地域に乳製品を輸出している会社。特にバターに関しては世界貿易の約三分の一以上を占めており、年間約46万ォを扱っているが、それらはすべてグラスフェッドバター。日本に輸入されているバター約2万トンのうち、半分以上がフォンテラのバター。これからもニュージーランドのグラスフェッドバターを使い、日本へのバター安定供給に役立ちたいと思っている。

新聞最新号へBACK

入賞者と審査員