第28回カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテスト

BACK

 カリフォルニア・レーズン協会は、アメリカ大使館後援、一般社団法人日本パン工業会・全日本パン協同組合連合会協賛の下、製パンに携わるプロフェッショナルな技術者を対象に「第28回カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテスト」を開催。店の看板・定番となり長く愛されるレーズンパン作品を募集している。
 募集部門は「量販/インダストリーベイク/ベイクオフ製品部門(工場生産し、完全包装で販売する作品とベイクオフ・QBD製法で生産し販売するパン)」と、「オールスクラッチ製品部門(店舗や工場でのオールスクラッチ製法で生産し販売するパン)」の計2部門。応募締切は、4月24日(当日消印有効)。募集要項に沿い所定の応募用紙で応募。募集要項、および応募用紙はコンテスト事務局(FAX03-6256-9776/E-mail:contest@raisins-jp.org)まで問い合わせる。また、同協会ウェブサイトからもダウンロードできる。最終審査は、レシピと作品写真による書類審査を通過したファイナリストにより、6月12・13日に実施。実技、試食、プレゼンテーションの審査を経て、2部門から「カリフォルニア・レーズン大賞」(各部門1名、計2名)を含む、計11名の入賞者が選ばれる。入賞者には、カリフォルニア・レーズンの故郷、フレズノへの研修旅行(2020年9月秋実施予定)が贈られる。
 同コンテストの入賞作品は、コンテスト後に商品化され、消費者にその美味しさを届けている。前回のコンテスト入賞作品も次々に商品化され、受賞作品名や協会ロゴマークを付したパッケージの使用、リテールベーカリーの店頭では同様のPOP展開をして販売されている。また、毎春開催の「カリフォルニア・レーズンキャンペーン」対象商品として販売される作品も増えてきた。発売以降、定番商品となり数年以上にわたるロングセラー作品もあり、同コンテストを機に生まれたレーズンパンは多くの消費者に愛されている。
 カリフォルニア・レーズン協会は、製パン素材として多くの製品に使用されているカリフォルニア・レーズンの可能性をさらに引き出し、毎日でも食べたくなるロングセラーとなる魅力あふれる作品の応募を待っている。

【作品募集要項】
▽応募資格=@日本国内でのパンの製造販売に携わるプロフェッショナル(国籍不問)。鉄人大賞を含む歴代入賞者も応募できるが、審査基準が異なる(得点ハンディキャップ)。歴代入賞者は受賞作品の商品化販売実績がある者のみ応募可A材料や機械メーカーの製パン開発担当者は応募可Bパン技術者育成機関関連、製パンコンサルタントは応募不可C作品応募に際しては、所属会社、または店舗の事前承諾が必要D応募作品は、応募者自身が開発した作品とし、作品製作は応募者自身で行うことE受賞した作品は、期間にかかわらず必ず商品化して販売することF商品化および商品提案して販売することが前提のため、第三者が再現できるものとする
▽応募作品規定=@カリフォルニア産レーズンを粉100%に対し25%以上配合した作品(他国産のレーズンは使用不可)Aカリフォルニア・レーズンペーストは、上記の25%に含まれるBカリフォルニア・レーズン濃縮果汁(コンセントレート)は使用できるが、上記25%には含まれないC作品は、小麦やライ麦などの穀物類の粉に水や酵母、塩、油脂などを加えて作った生地を発酵後に焼成した食品=「パン」または「クイックブレッド」とするD蒸しパン、マフィン、スコーン製品などに用いられる、ベーキングパウダーを使用した作品についても応募が可能(ベーキングソーダ=重曹の使用は不可)E但し、プレミックス粉を使用した作品は応募不可Fコンテスト後に発売予定の未発表作品とするG作品は、作業1日目2時間、作業2日目5時間の合計7時間以内に計量・仕込み・発酵・焼成・仕上げをして完成できること。上記時間以外の作業は一切禁止とするが、計量済み材料の持ち込みは可能H使用する全材料は公開できるものとし、ブランド名ではなく材料本来の一般名称を記載することIカリフォルニア・レーズンや他の食材の漬け込み、ライ麦、グラハム粉、オートミール等の前処理、また発酵種を使用した場合は、材料、工程(作り方)、完成に要する時間(時間)を必ず記入すること。未記入の場合は、持ち込みを一切禁止とするJ作品の生産方法を明記すること(工場生産/ベイクオフ/QBD/オールスクラッチから選択)K作品は、応募後に使用材料と数量、作品形状について特例を除いて変更できない(例:焼型不足など)L外観写真は販売形態1単位の作品数を撮影したものとし、内層写真は作品を1/2にカットした写真M写真は、華美な装飾、包装、社名・店舗名・ブランド名が判明するものが写り込んだ場合は審査対象外Nひとつの作品で複数部門への応募は不可とし、応募作品数は部門にかかわらず、ひとり3作品までO審査内容は非公開とし、審査内容に関する問い合わせには一切回答しない※応募された作品レシピは返却しない。入賞作品レシピはカリフォルニア・レーズン協会に帰属し、印刷物やウェブサイト、SNSで公開する
▽応募方法=規定応募用紙に必要事項をすべて正確に記入し、指定された応募作品の写真2枚を貼り、郵送でコンテスト事務局まで送付。複数作品を応募する場合、規定応募用紙はコピーして使用するか、同協会の公式ウェブサイトからダウンロードする。規定応募用紙の郵送希望者は、コンテスト事務局までFAXまたはE-mailで依頼。なお、電話での依頼は受け付けていない
▽応募締切=4月24日当日消印有効
▽審査・発表=第一次審査:レシピと作品写真による書類審査(5月中旬に実施予定)。最終審査:一次審査通過者による作品製作とプレゼンテーション、および試食審査。日程:6月12・13日。会場:一般社団法人日本パン技術研究所。結果発表:審査後、発表・表彰6月13日。会場:ホテルイースト21東京(東陽町)
▽賞=カリフォルニア・レーズン大賞2名(各部門より1名)を含む計11名※入賞者には、入賞楯と米国カリフォルニア州への研修旅行を贈呈

【応募/問合先】
カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテスト事務局、Mジェイブレイン内/担当:竹内
〒101-0061東京都千代田区神田三崎町3-2-15ORIENTBLDNo.68
TEL03-6256-9778、FAX03-6256-9776
E-mail:contest@raisins-jp.org

新聞最新号へBACK