第17回総会 大阪パン製造技能検定推進協議会

BACK

 大阪パン製造技能検定推進協議会(多田龍弘会長)は、6月21日に第17回総会の開催を予定していたが、新型コロナウィルス禍が収束せず、会員による書面承認の方法で賛否を図った。その結果、令和元年度事業・決算、第17期役員、令和2年度事業計画・予算は全て承認を得た。

 同協議会会報で多田会長は次のように挨拶している。
 新型コロナウィルス禍に翻弄された数カ月間だったが、ようやく落ち着きを取り戻しつつある。日本経済が従来レベルまで回復するには、まだ少し時間を要するかも知れない。負の環境から素早く脱却するために、技能士個々が自覚をもって、積極的な活躍をしなければならない。それが昔から培われた製パン技能技術の伝承と人材育成に繋がる。
 パン製造技能士は、常に研鑽を怠らず、業界発展の一翼を担っていただきたい。

新聞最新号へBACK