第2回わくわく!パン屋期待塾実践報告勉強会
ZOOM開催に70人超が参加
根付かせ大賞は木輪直理沙那さん

BACK

 

 パン屋さんの繁盛をサポートするMPAN.Labo(河原治社長/パン屋専門税理士河原治税理士事務所内)は6月8日、大阪市北区の同社セミナールームで「第2回わくわく!パン屋期待塾実践報告勉強会」を開催。新型コロナウィルス感染拡大防止からセミナーやミーティングをオンラインで行えるZOOMでの開催になったが、70人を超える参加者と繋がった。

 パン屋期待塾とは、ベーカリーに特化し、受講者が接客リーダーとなり、店全体で来店客をリピーターにする6回180日の実践塾。実践報告勉強会は、毎期開催され今回が2回目で5社が成果発表を行った。順位を決めるための発表会ではないが、参加者全員による投票で「根付かせ大賞」を選出する。同塾は、河原社長と講師藤村純子氏の「パン屋さんを元気にしたい」という想いが合致し実現した。
 実践報告勉強会では、開催に先立ち河原社長が次のように挨拶した。
 新型コロナウィルス感染拡大が若干落ち着いてきたが、大変な状況が続いていると思う。アフターコロナやウィズコロナという言葉があるように、今後も引き続きコロナウィルスへの感染を防止する対策を継続しなければならない。そのような中、多くの人がZOOMでの実践報告勉強会に繋がっていただき感謝申し上げる。
 パンは人を笑顔にし、ベーカリーは街を元気にする存在だと思っている。そのベーカリーの応援をしたいという想いで、パン屋専門税理士をしている。店舗や商品など大切なことは数々あるが、お客様と接する販売員の努力が重要と考え、藤村純子先生に願い出て「わくわく!パン屋期待塾」を催行することになった。藤村先生は元々「期待塾」を首都圏で主宰されていたが、ベーカリーに特化した期待塾を創っていただいた。  今日は、コロナ禍で現場販売員の献身的な活動を聴いていただきたい。まさに明日から実践できる勉強になると考える。

【わくわく!パン屋期待塾】
@印象アップの要素を知り、体得する:ミッションを明確にし行動につなげる。心構えをつくる。印象アップ10の要素/笑顔とアイコンタクトと身だしなみ。お客様に届け!印象アップ親切運動。挨拶&声だし運動開始。根付かせるためのポイント。
A先読み対応でお客様の心を掴む:良い印象悪い印象のポイント。親切運動(焼きたて交換&荷物預かり&段差)。立ち居振る舞い。一人感謝運動。
B巻き込み力アップでリーダーに:リーダーとは/自分の性質と仲間の性質を理解し効果的な根付かせ運動を行う。声だし運動。おすすめパン3点集中声出し。
Cパンの価値をズバリ届ける!POPにも生かせる簡単トーク:変な日本語&間違いレジ周り日本語。
Dまた会いたい!と思われる店員になる!総合演習:仲間への共感力を高めるコミュニケーションの基礎。分かりやすく伝える能力を高めるプレゼンテーションの基礎。
E実践報告勉強会: 公開講座。実践してきた根付かせ活動の発表。
▽受講料=税別25万円/2名以上で申込みの場合2人目は同15万円

【申込・問合先】
パン屋専門税理士河原治税理士事務所
〒530-0001大阪市北区梅田1丁目1番3大阪駅前第3ビル2階
TEL06-6131-5600、FAX06-6131-5670

新聞最新号へBACK

左から、井村さん、藤村講師、藤原さん、橋本さん、山口さん、河原社長、進行担当の喜多氏