次亜塩素酸ナトリウムと同等効果の殺菌水を食塩と水道水で生成
電解次亜水FEクリーン水

BACK

 

 フクシマガリレイM(福島裕社長)は「電解次亜水FEクリーン水」を販売している。

 電解水とは、食塩水や塩酸を電気分解して生成される殺菌・除菌を目的とした水のこと。電解水の種類は大きく分けて次の4つ。@電解次亜水:弱アルカリ性、pH7.5以上A微酸性電解水:微酸性、pH5.0〜6.5B弱酸性電解水:弱酸性、pH2.7〜5.0C強酸性電解水:強酸性、pH2.2〜2.7。
 電解次亜水とは、弱アルカリ性であり有効塩素濃度の劣化がしづらく、安定度が高いのが一番の特徴。生成量が他の電解水よりも多いので水道水感覚で使うことができる。
 次亜塩素酸水とは、酸性電解水の総称。殺菌スピードが速い点が特徴だが、反面安定性が低く使用可能期間が短いので、生成後すぐに使用することが推奨されている。

《電解次亜水FEクリーン水の特徴》
 食塩水を無隔膜方式で電気分解することによって得られる次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする弱アルカリ性の水溶液で、食材の殺菌や調理器具などの除菌に使用できる。HACCPによる衛生管理でも有効。※ウイルス感染症対策に一定の効果を持つが、新型コロナウイルスに対して効果を保証するものではない
▽強力な殺菌・除菌効果=野菜や肉・魚などの殺菌、調理器具や加工機械に付着した菌を洗浄・除菌。流水で使用する。
▽汚れやニオイも除去=ニオイのもとに。
なる汚れや雑菌を除去することで消臭効果を発揮、ホースを付けて床・排水溝などにも使用すると効果的。
▽食材を傷めない=pHがほぼ中性(弱アルカリ性)で食材への影響が少なく殺菌後のすすぎが簡単。
▽人と環境にやさしい=手荒れの心配も少なく原料は水と食塩なので環境にも優しい。
▽低コストで経済的=原料は水と塩なので人にもやさしく、ランニングコストも抑えられる。

【問合先】
フクシマガリレイM営業戦略部、担当/白井
TEL06-6477-2031
shirai.mas2@galilei.co.jp

新聞最新号へBACK