ボトルスカッシュ
茨城県行方市のセブンーイレブンに納入

BACK

 M寺岡精工は、ペットボトル減容回収機「ボトルスカッシュ」を、茨城県行方市内のセブンーイレブン店舗に納入、6月24日から稼働を開始した。
 地域の環境保全を進める行方市では、持続可能なまちづくりの一環として、ペットボトルの回収を通じて市民のSDGsに対する理解促進を進めるために、Mセブンーイレブン・ジャパンと連携協力し、行方市のセブンーイレブン全店(2020年6月末現在9店舗)に同社製ペットボトル減容回収機を設置した。
 ボトルスカッシュは、ペットボトルを投入すると機内で圧縮することで、回収輸送の回数削減と、それに伴う排ガスと輸送コストを抑制する効果が期待され、昨今の環境需要の高まりから流通小売業を中心に、自治体、公共施設など幅広い業界から問い合わせが増えてきているという。

新聞最新号へBACK