シアル・パリ2020延期

BACK

 食品・飲料総合国際見本市シアル(SIAL)主催者のコメクスポジウムグループは、今秋開催予定のシアル・パリ(SIAL PARIS)2020年展を2022年10月15〜19日へ延期することを決定した。
 コロナウイルスの世界的感染拡大という状況下で、国際的なイベントを開催するために様々な試みを企画してきた。しかし、出展社や来場者のアンケート調査では感染第二波の懸念等先行き不透明な状況の中、最終的には延期を望む声が多くみられた。
 同展は、毎回120カ国以上の国から7200社に及ぶ出展社、延べ30万人の参加者が一堂に会する大型の国際見本市。世界の食品関連市場や最新トレンドを読み解き、創設から50年にわたり食品業界の企業にとって欠かせない見本市として進化し続けている。
 次回は、2020年10月に開催予定。

新聞最新号へBACK