「知的財産に関する感染症対策支援宣言」に参画

BACK

 

 MADEKA(城詰秀尊社長)は、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」の趣旨に賛同し参画した。
 同宣言は、新型コロナウイルス感染症のまん延終結を目的とした開発や製造、販売などに関する行為に対して、一切の対価や補償を求めることなく、知的財産権を一定期間行使しないことを宣言するもの。同社は、この趣旨に賛同し、同宣言記載の条件の下、一定期間、特許権、実用新案権、意匠権、著作権の不行使を表明した。
 ADEKAは『Add Goodness』をグループのコーポレートスローガンに掲げ、「『素財』の提供を通じて、世界中のくらしのすべてをより良くする」ことを目指している。今後も、感染拡大防止策を講じつつ、製品・サービスの安定供給、同社の『素財』が新型コロナウイルス感染症の収束に貢献できるよう様々な支援策を講じるとしている。

新聞最新号へBACK