抗ウイルス技術Cufitec

BACK

 日清製粉グループのMNBCメッシュテック(梶哲也社長)は、独自技術の「一価銅化合物を活用した抗ウイルス技術Cufitec(キュフィテック)」が、新型コロナウイルスに対する短時間での一定の不活化効果を示すことを国立大学法人帯広畜産大学・一般財団法人日本繊維製品品質技術センター(QTEC)で確認した。
 ウイルス原液に対して「Cufitec材料の分散液」を混合し反応させた結果、滅菌超純水と比較して新型コロナウイルスが1時間で99.87%以上減少する効果が確認された。また、Cufitec加工したフィルムで試験したところ、4時間で99.99%以上減少する効果が確認された。

新聞最新号へBACK