第51回FHJ-日清製粉グループ全国高校生料理コンクール
最優秀賞は「たっぷりキャベツの八丁タルト」

BACK

 

 日清製粉グループが協賛する全国高等学校家庭クラブ連盟(FHJ)主催の「第51回FHJ-日清製粉グループ全国高校生料理コンクール」の受賞者が決定した。

 同コンクールは「みんなの笑顔がひろがる私の自慢料理」〜小麦粉と身近な食材を使って作る私のアイデアレシピ〜をテーマに、全国の高校生からレシピを募集。248校より7915作品と多くの地元特産品を存分に活かしたレシピなどが応募された。この中から料理の専門家等による書類審査と試食審査が行われ、最優秀賞や優秀賞など13作品が選出された。
 表彰式は、11月14日に予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、受賞者と列席者の安全確保を最優先に考慮し見合わせることになった。なお、受賞者には、賞状・賞品が贈呈された。
 受賞者・入賞レシピは次のとおり。()内は高校名/学年。

▽最優秀賞=浮城綾乃さん(愛知岩津/2)「たっぷりキャベツの八丁タルト」
▽優秀賞=神谷優咲さん(岐阜大垣桜/2)「パンプクリンケーキ〜ごぼう餡を添えて〜」、島田香朋さん(長崎平戸/3)「平戸あごだしケークサレ」
▽FHJ賞=掛美香さん(香川石田/3)「しょうゆ豆といりこのキャラメルタルト」
▽日清製粉グループ賞=藤山果音さん(三重相可/3)「ゴマ麩と2種のキノコあんかけ」
 他、アイデア賞5点・佳作3点

新聞最新号へBACK

たっぷりキャベツの八丁タルト