2020年度・2021年度新入社員社長祝辞

BACK

 

 昭和産業M(新妻一彦社長)は4月1日、同社本社会議室で入社式を執り行った。

 昨年度は、新型コロナウイルスの感染拡大の深刻化により、入社式を実施することができなかったため、今年度は2020年度・2021年度新入社員対象の「入社式」を実施した。
 新妻社長からの新入社員への祝辞は次のとおり(一部)。
【2020年度新入社員】
 本日より、2025年度の当社グループのありたい姿を思い描いた長期ビジョン「SHOWA Next Stage for 2025」の、中間地点となる2nd Stage「中期経営計画20-22」が2年目を迎えた。1st Stageである2019年度までの3年間は、ありたい姿の実現に向けた「足場固め」のステージだった。2nd Stageでは「確立」のステージとして、基本コンセプトの「SHOWA New Value Creation」の下、グループ全体で基盤事業の盤石化と成長事業の育成に取り組んでいる。そして「SHOWA New Value Creation」には、「SHOWAだからできる新たな価値とは」というサブタイトルが付いている。
 今後も「食」をテーマに新たな価値を社会にお届けする企業として持続的な成長を実現するため、グループ社員全員で「SHOWAだからできる新たな価値」の創出に引き続き挑戦していけたらと思う。そのためにも、皆さん一人ひとりが成長していくことが何より肝要だ。そんな皆さんのチャレンジ精神を会社としてバックアップするため、4月から新たな人事制度も導入した。
 まだまだ新型コロナウイルスの先行きが見えない中で、引き続き感染防止と健康管理に留意していただきながら「SHOWA魂」を発揮し、長期ビジョンという大きな夢の実現に向け、力強く大きな原動力になっていただくことを祈念する。
 そして、若い皆さんの大胆かつ柔軟な発想と機動力、実行力を大いに期待する。

【2021年度新入社員】
 当社は今年創立85周年を迎えたわけだが、これから先の創立90周年そして100周年に向けて、当社グループの持続的成長を実現していくため、5年後の創立90周年を迎える2025年度にありたい姿・目標として長期ビジョン「SHOWA Next Stage for 2025」を策定した。そして、そのありたい姿の実現に向けた社員の行動指針として「SHOWA魂」を定めた。
 「穀物ソリューション・カンパニー」のネクストステージとして、具体的には連結売上高4千億円、連結経常利益200億円を目指すという大きな夢を掲げ、当社グループ社員一丸となって取り組んでいる。また、長期ビジョンの中間地点となる2nd Stage「中期経営計画20-22」が本日で2年目を迎えた。2nd Stageでは「確立」のステージとして、基本コンセプトの「SHOWA New Value Creation」の下、グループ全体で基盤事業の盤石化と成長事業の育成に取り組んでいく。
 この基本コンセプトには「SHOWAだからできる新たな価値とは」というサブタイトルが付いている。あえて「とは」という表現にしているのは、社員一人ひとりが自身の役割を認識しながら「新しい価値とは?」を常に自分に問いかけ、考え抜いて行動してもらいたいという、いわば意識改革への思いが込められている。そして、お客様には「昭和産業グループは、いったいどんな価値を提案してくれるか?」という期待や要望に対して、様々なソリューションの提案、シナジーの進化を約束する、「どうぞお任せください」といった思いが込められている。
 今日から皆さんも一緒に夢の実現に向け「SHOWAだからできる新たな価値」の創出に挑戦しよう。  ここで、今年度入社された皆さんに、自身の夢や志の実現に向けての第一歩を踏み出すにあたり参考になればと思い、私が尊敬する明治時代の実業家であり、偉人について触れてみたいと思う。
 今年NHKの大河ドラマの主人公はご存じだろうか「青天を衝け」の渋沢栄一氏だ。
 その渋沢栄一氏の様々な人生訓の中で、私が特に大事にしている「夢七訓」を紹介する。
夢なき者に 理想なし、
理想なき者に 信念なし、
信念なき者に 計画なし、
計画なき者に 実行なし、
実行なき者に 成果なし、
成果なき者に 幸福なし、
故に幸福を求めるものは夢なかるべからず
 人はそれぞれに幸福の尺度は違うが、夢をもって、その夢に向かって必死に努力している姿を見ると私は感動する。そして、夢は自分のありたい姿そのもの。人生において他人と過去は自分が努力しても変えられないが、自分と自分の将来は夢と情熱をもって変え続けることができる。人生100年時代、今回のコロナ禍のような想定外の事態がこれからも数多くあると思うが、夢と情熱をもっていかなる環境の変化にも適応し、自己実現してほしい。
 当社グループにとっても長期ビジョンは大きな夢ではあるが、グループ社員全員で夢を語りながら頑張れば、必ずやいつか夢は実現すると確信している。そのために、昭和産業グループは、これからもさらなる高みを目指し挑戦していく。
 皆さんは今日から同志です。ワクチンの供給が開始されたとは言え、まだまだ新型コロナウイルスの収束が見えない中、引き続き感染防止と健康管理に留意していただきながら、一緒に「SHOWA魂」を発揮し、長期ビジョンという大きな夢の実現に向け、力強く大きな原動力になっていただくことを祈念する。
 そして、若い皆さんの大胆かつ柔軟な発想と、機動力、実行力に大いに期待する。

新聞最新号へBACK

新妻社長