FABEX関西2021

BACK

 

 

ADEKA

愛工舎製作

ニップン
 

レオン自動機

昭和産業

ミヨシ油脂
 

日清製粉

田中食品興業所

コトブキベーキングマシン
 

大阪ポリヱチレン販売

三幸機械/ハクラ精機

エバリッチエンタープライズ
 

Les Ambassadeurs du Pain du Japon

日仏商事

カネカ食品
 

ツジ・キカイ




 

コンクール・デュ・パントラディショネル優勝作品

コンクール・デュ・パントラディショネル優勝の渡邉 一憲氏

最優秀若手ブーランジェ優勝松田氏の作品

 日本食糧新聞社は10月13〜15日、「FABEX関西2021」をインテックス大阪1・2号館で開催した。同催は「第9回ファベックス関西2021」「第9回関西デザート・スイーツ&ベーカリー展」「第5回地域食品ブランドフェア」「第4回カフェ&ドリンクショー関西2021」「第1回大阪グローバルフードショー」の5展で、「食品・食材」「機械・機器」「容器・包装」などのメーカーが出展し、新しい時代に向けた商品など課題解決となるヒントを発信。3日間で2万4千178人(5展合計)の来場者を迎え、各業界が注目を集める展示会となった。

Les Ambassadeurs du Pain du Japon主催 パンコンクール(レ・アンバサドゥール・デュ・パン・デュ・ジャポン)
 レ・アンバサドゥール・デュ・パン・デュ・ジャポン(川良弘会長)は10月13〜15日の3日間、FABEX関西2021(デザート・スイーツ&ベーカリー展)内特設会場において次のパンコンクールを開催した。  レスペクチュスパニス製法による「コンクール・デュ・パントラディショネル」、次世代を担う若手の登竜門「第5回最優秀若手ブーランジェコンクール」、家庭における製パン従事者のパン技能の向上と発展を目指す「第4回セミプロパンコンクール」。
 各コンテストは、全国から予選を突破した8人で競技され、各賞の発表と表彰式を行った。
 結果は次のとおり(敬称略)。
◆コンクール・デュ・パントラディショネル
1位:渡邉一憲(パンカラト ブーランジェリーカフェ)
2位:三宅百花(Comme'N Tokyo)
3位:本多伸也(PANSHARE)
◆第5回最優秀若手ブーランジェコンクール
1位:松田彩花(Backstube Zopf)
2位:永田輝(MOROPAIN)
3位:南幸菜(福岡キャリナリー製菓調理専門学校)
◆第4回セミプロパンコンクール
1位:小笹 友実
2位:岡本 智美
3位:若菜 康子

新聞最新号へBACK

左から永田輝氏、松田彩花氏、南幸菜氏

左から三宅百花氏、渡邉氏、本多伸也氏