HISとコラボして
仏産チーズ「コンテ」の多様性を訴求

BACK

 

 コンテチーズ生産者協会は9月17日、日本でのプロモーション活動の一環として、旅行代理店HISパリ支店とコラボし「パリからチーズセミナー季節違いのコンテを味わう」と題したオンラインセミナーを開催。170人以上が参加した。

 講師はパリのチーズ専門店「フロマジェリーヒサダ」の店主でチーズ熟成士の久田惠理氏。コンテの多様性を訴求するため、初の試みとして春夏秋冬、4つの異なる季節に作られたコンテと、同郷のジュラワインをパリの同支店より事前に参加者に送付し、当日はパリと中継で繋ぎコンテの魅力をアピールした。
 はじめに季節ごとのコンテの生産地の写真や市場での自身のコンテの仕入れの様子などを見せながら概要を説明し、フランスでの認知度の高さについて語った。
 次にそれぞれ個性の異なる4種のコンテの比較テイスティングを行うにあたり次のポイントを伝えた。
▽常温に戻す
▽約1cmのスティック状にカット
▽両端を手に取って2つに割り断面のフレッシュな香りを嗅いでから口に入れる
▽皮は通常は食べない
《テイスティング》
@冬作りのコンテ(2021年1月製造/8カ月熟成):牛が干し草を食べている冬の間に作られたコンテはアイボリー色。若いコンテは弾力があってミルクなど乳製品系の風味があり、飽きのこない味。
A秋作りのコンテ(2020年10月製造/11カ月熟成):よりまろやかで甘く、ナッティで濃厚な風味。草の香りも感じられる。
B春作りのコンテ(2020年5月製造/16カ月熟成):牛がフレッシュな草花を食べている時期に作ったコンテは、カロテンの影響で黄色味を帯びている。より凝縮したミルクの風味でアミノ酸の結晶のジャリジャリ感も感じられる。
C夏作りのコンテ(2019年9月製造/24カ月熟成):華やかで複雑、濃厚な風味。香ばしいロースト系やスモーク系のグリルしたナッツの風味も出てきて、アミノ酸の結晶がより顕著に感じられ、余韻も長い。  さらにコンテに合う飲み物として、同郷のジュラワインの他、日本酒やウィスキー、香ばしいそば茶、コーヒーやダージリンの紅茶が紹介された。
 最後に「季節が違えば味が変わり、同じ日に同じ場所で作られたとしても、コンテは一玉一玉味が違う。一期一会を大事に、その場でしか味わえないコンテとの出会いを楽しんでほしい」と述べ会を締めくくった。

新聞最新号へBACK